カメラマンの売り上げUPを目指す方法【覚え書き】

カメラマンさんの単価低下が叫ばれておりますが、このことは、決してカメラマンさんに限ったことではありません。

ビジネススクールで学んだことを、カメラマン的に置きかえてみました。


売り上げを向上させる大原則

 

どんなビジネスでも、売り上げを向上させるために、この3つの要素を絡めて考える必要があります。


■集客面

 『トラフィック(自分を見に来る人)を増やす』

・広告を打つ
・ブランディング

 

■営業面

 『成約率(撮影依頼をあなたに決めた!と言わせる)を上げる』
 
・魅力的な写真が撮れることを示すHPなどを充実させる
・きめ細やかな対応が出来ることなど文章でしっかり伝える

 

■商品面

 『商品の単価を上げる・ラインナップを増やす』

・商品の単価面は内容をより魅力的に改善し価格を上げる
・撮れるジャンルの幅を広げる
・一日に受けれる数を増やす

 

 

カメラマンに置き換えてみる


◎集客面

お金をかけずにFacebookのタイムラインに、「◎◎撮ります!」と書いていくだけで広告になる

まずは、これが第一段階か。


ただ、普通にFacebookのタイムラインに書くと、友人と、友人の友人までしか届かない。

 

これを、Facebook広告で行うと、それ以外の大勢の方に宣伝出来る。
このタイムラインに撮影の様子や、みんなが笑顔の写真、依頼者の声などがあれば、「あ!このカメラマンさん、よさそう~!」となり、みんなが身に来てくれるようになる。

 

 

◎営業面

多くの人が依頼を決めるか否かの判断は、カメラマンさんがどんな写真を撮るのか?という点。

 

にもかかわらず、実際に、ほとんどのカメラマンさんは、自分の撮った写真を他の方に見せられる状態になっていない。

HPを作るのは大変ならば、まずは、ブログや、ネットアルバムを使って、腕前を見せられる状態にする。

 


「俺は、そこら辺のカメラマンより上手い!」と、言葉で言ってもダメ。
写真そのもので示すことが重要なので、いつでも写真を見せられるようにしておく必要あり。

 

◎商品面

 

商品単価をUPさせるために出来ることを書き出してみた。


1、しれ~っと、価格を上げてしまう


・単に価格をUPするだけ。


2、別の内容を組み合わせて、価格を上げる


・例えば自分の場合、ダンスの撮影で舞台を撮りにいったとする。
・その際に撮影ブースを作って、ポートレート撮影の商品を足すことによって売り上げをUPが可能。
  

 

3、あえて、別に高い価格設定のものを打ち出す


・人の心理として、安い価格、中間の価格、高価格の3つがあると、中間を買うことが多い。
・なので、売れなくても良いので高価格商品をつくる。

 


4、ライバルが少なく、価格が高止まりしているジャンルに行く


・運動会・七五三などの価格は安いので、ペット撮影ジャンルなどに行く。
・今まで若い年代を今までターゲットにしてたとしたら、シニア層にも行く。など

 


5、効率化を図って件数を増やす


・今まで1日6時間の撮影で3万円の案件を今までやってたとする。
・1日のうちに1時間1.2万円の案件を3件やれば6000円のUP

 


6、独自性・希少性・ブランディングにより、高い価格に設定する

・他の人が出来ないことをやる。

・Youtubeなど活用して、有名になる。

 

 

とりあえず、今、思いつくもの。

2019年9月18日