本当にお金がない人のためのカメラ選び

プロとしてチャレンジしたい人向け
(Canon編)

Youtubeにする前の原稿ですが、いち早くお届け致します。

 

■今、プロを目指していなくても

 機材選びはいろいろ悩ましい
 
 でも、今後プロを意識した際に
 あ~、これを買っておけば良かったんだ~
 と後悔しないためにも、とりあえず見ておいて欲しい

 


■今回の話の条件

・プロとしてチャレンジ

・写真事務所の契約カメラマンになる

・自信はあるが、実績が無い

・サンプル写真もほとんどない

・機材も、何を揃えたら良いかわからず、とりあえず好きなカメラ・レンズ買ってる

 

 

■ここで雇う人の立場になってみる

立場を、雇う側に立っても考えてみると、ここで人を判断しませんか?

判断基準は2つ

・人として、ちゃんと挨拶出来る人か?

・機材は、そろえているか?


実は撮影実績あれば、実は機材なんて、そんなに重視されない。
やったことない人を採用するかの判断では、どうしても機材で


また、お客さんへの見た目的に、カメラ機材のレベルが必要になることもある
お客さんが良いカメラを持つようになっている昨今
カメラマンに、どうしてもそれ以上のカメラを求めてしまうのは、仕方ない


雇う側になると、機材が重視されるのがわかると思います。

 

 

 

■機材について調べる方法


カメラマンネットで調べる

まずは、学校、スクールフォトが条件が低め

1社の条件を見て、あ〜ダメだと諦める必要はない

とにかく、くまなく見る

 

 


■探した例はこちら


<応募時>
写真付き履歴書

<面接時>
ポートフォリオ(小・幼・保のスクールフォト、草野球やサッカーなどスポーツの写真もしくは画像データ)

必要機材
・カメラ
(推奨機種)
Nikon:D6,D5,D4s,D500,D850,D780,Z6,Z5 等
Canon:EOS-1DXMark3,EOS-1DXMark2,EOS,5DMark4,EOS5DMark3,EOS 6DMark2,EOS R6,EOS R5 等
Sony : α9, α7 III, α7 RIV, α7 II, α7 RIII 等

・クリップオンストロボ(純正推奨)
・24~200㎜の焦点距離をカバーするレンズ(屋内の撮影が主な為、f値4以下のハイスピードレンズを推奨します)

 

 

■この機材条件に対して自分の考え方

・まず、注意したいのは、「今」であること。
最低限度の部分が、底上げされるまえにアクションを起こすこと


・どこでも入れるように、未来を見越して良い物を買っておこうとすると
 たぶん止まっちゃう
 とにかく、入り口の部分は、「今」で考える


・良いの1台でど~んと買うのではなく
 最低限レベルにして、2台購入出来るように考える

 
・あくまでも推奨なので、その機種でなくても良いか、聞いてみる

 


■これらの価格を急いで調べる

Canon
6Dmark2 :12~13
      新品14
5Dmark3:6~8万

6Dも6万円くらい

 

レンズ
24-105 F4:5万
2型中古で10万
2型新品14

1型と2型あまり差がないので、1型で良いかも

 


70-200 F4

望遠は IS付きが良い 6~8万


ストロボ
Canon
580EX2 10000〜
600の初期型 15000円〜20000円

Nikon,Canonは、まずは純性から
なんでかっていうと、CanonやNikonは、サードパーティーに対して
カメラデータを公表しないので、正確なTTL調光は、純正でないと難しいため

 

 


正直
5Dmark3と標準域と望遠あれば、ほとんど撮れる
かなりいいカメラ

 


最安
6+5+6+1=18万

プラスサブ
+6〜14+ストロボ1万円

 


14+14+8+2=38万

プラスサブ
+6〜14

 

■中古のリスク

・ピントがずれてる時に直す必要がある

・壊れた時のメーカー保証期間、販売店保証期間

・ミラーレスになっていくので、レフのシステムは安く済ませておいた方がいいかも

・リセールなども少し考えていい


・自分なら安い方で急いでお金をもらうようにして
 何か、定期でもらえるようになることを目指す


・で、一定でもらえるようになったら、ステップアップ
 カメラに乗り換える


・買い換えは、新品買うならミラーレスが良い

 

 

■で、自分ならこうする。事務所の方には内緒


・全部ガッツリそろえてから面接に挑むのではなく

 

 ボディーと標準レンズくらいが手に入ったら、もう面接に挑む
 そんなすぐすぐ、何か来るか、わからない

 


 そんなこと言ったら、ここまでやるのでは?
 持っている前提で、もう面接受けちゃって、面接でOKが出たら、機材買っていく。
 これ、言えないけど、まあ、自分はこっち派

 見込みが付いてるだけでも、他の人と差が付いてる

 ただ、採用決まったら、急いでそろえていく

 


■自分はCanonをずっと使い続けている

 なので、Canonは、わかる
 5D3が今も現役で戦えるのもわかる

 正直、今回選んだもので
 発表会◎
 音楽会◎
 ブライダル◎
 七五三◎
 家族◎
 

 ほとんど行ける

 


どうしてもYoutubeでは

・最新カメラの方が再生回数多い

・サードパーティーは、案件でやる人が多い


など、今回紹介したものとは違うカメラなどを紹介する人が多い
でも、実際、自分がプロカメラマンとして活動してて
それとはかけ離れているのが実情


また、人によっては、古いカメラを使っているカメラマンを
馬鹿にする人もいるけど、そんな同調圧力的なものを感じずに
使える、使えないを判断して欲しい

=大事なのは、最後は機材じゃないので

 

 

■今回は、現場のプロ目線も交えて

本当にお金がない人のためのカメラ選び

プロとしてチャレンジしたい人向け
Canon編

お伝えしてみました。

 

少しでもあなたのカメラライフが、より良いもの、素敵なものになれば幸いです。