カメラで稼ぐ第一歩は身近な人を幸せにすること

カメラは不思議な道具です。ただそれができるようになるだけで、多くの人を幸せにできるだけでなく、自分自身の人生も豊にしてくれます。とても可能性を広げてくれる道具です。

それだけに、そのカメラを使って、「プロになりたいけどどうしたらいい?」と思い悩む人も多いかと思います。

 

カメラで稼ぐために多くのカメラマンさんが悩むこと

 

カメラで稼ぐと聞くと、つい

◆どこかの事務所に所属しないといけないかも

◆プロカメラマンのアシスタントにならないといけないかも

◆もっともっとうまくならないといけないかも

◆もっと良いカメラを持ってないといけないかも

◆レンズも高級なものをたくさん持ってないとかも

 

などなど、考える人が多いですが、実は稼ぐことと、こうしたことは必ずしもイコールになりません。

 

 

ちなみに、私の場合は

□独学でプロになりました。

□カメラは、EOS 7DとEOS KISSの2台でした

□最初は、どこにも所属せずに、ダンスイベント撮影で稼いていました

 

 

稼ぐために必要なこととは?プロとは?

 

 

まだまだプロになって10年も経ってない私ですが、これまでの経験上言えることがあります。

 

稼ぐために必要なことは何かというと

「誰かを幸せにすること」

 

もっとカメラマン的に具体的に言うと

 

◎広告写真=広告出稿主がその写真を活用して幸せになりたい。

◎ブライダル写真=新郎新婦がその写真を見て幸せになりたい

◎運動会写真=出場した家族がその写真をみて幸せになりたい

◎七五三写真=成長した写真を見て、両親や祖父祖母も幸せになりたい

 

プロカメラマンとは?

 

そして、プロとは、この「誰かを幸せにする」ことを

◆いかなる状況でも確実に実現するスキルがある

◆相手の期待を超えた価値を提供する努力をいとわない

などなど、覚悟をもって、責任をまっとうできるかどうかです。

 

え!?と思うかもしれませんが、カメラマンは国家資格ではないので、プロかどうか?は自分で決めれば良いです。

 

 

覚悟と責任と軽く書きましたが、例えばこんな感じかな

 

・確実にサービス提供できるようにするために、故障を考えてカメラは2台

・自分が挑むジャンルでいかなる状況でも撮影できるように、機材を揃える

・自分が挑むジャンルでいかなる状況でも撮影できる腕を常に磨く

・相手をより喜ばせるために、自分自信を常に成長させる

・印象をよくするために、話し方や服装も意識する

 

覚悟と責任は、やっていけばやっていくほど、重く感じるようになるものですが、それによって、プロとしてのあなたも成長していけます。

 

 

身近な人を幸せにすることから始める

 

いきなり覚悟や責任をもって撮影していくのは、荷が重いですよね。

ですので、まずは、誰かを幸せにすることから意識をしていくと良いです。

 

・家族

・兄弟

・親戚

・彼女・彼氏

・友達

・職場の人

などなど

 

幸せににする原点は、最も身近な人を対象にすること。

そこにはお金なんて介在しなくて良いんです。

 

 

◎撮った写真で、相手の方がどうすれば喜んでくれるのか?

◎もっと喜んでもらうために、どうすればいいか?

 

こられを常に考えて取り組みたいものです。

 

 

もし、実践の場が欲しいなど思ったら、PhotoFanでご用意してます。

 

・全14コマ

・現場撮影でしっぱいしないためのテクニックが学べる

・プロとして必要最低限の機材がわかる

・同じ思いの仲間の存在でモチベーションが上がる

・実際にプロとして活躍している先輩がたくさん

 

そんな、イベントカメラマン養成講座やってます。

ぜひこちらもチェックをしてみてくださいね。

 

※下記をクリック!!

 

カメラで自分の可能性が広がる&喜ぶ人が増やせる☆稼げる!14コマの講座で出来ます!