ダンスのイベントで写真ってどのくらい売れるの?

最近、年末年始のダンスイベントなどの売り上げ集計が出たので、これを元に今回記事を書いてみました。

【本番2時間のステージの平均】

 

PhotoFanの同行で撮ってもらっているカメラマンの平均


■ダンス写真

・1カメラマン=50~100

・2~3人で入っても、撮れる絵が変わるので、同じくらい売れます

 

■ブース写真

・50~100枚

 

【そんなに売れない!】

一方で、そんなに売れないという場合もあります。


撮る写真が、買う側(主に出演ダンサー)さんに魅力的に見えないことが主な原因です。

 


①撮るイベント内容

 

②照明の当たり方

 

③ポーズのタイミング

 

④フレーミング

 

⑤枚数

 


などの影響が考えられます。

 

一緒に入っている他のカメラマンさんとの枚数の差がある場合は、③④⑤が主な原因です。

 


【カメラマンの拘束時間や編集時間を考えると安くないか?】

 

これは、カメラマン自身でコントロールすることが出来ます。

 

・拘束時間を短くするには、本番直前に会場入りして、本番を撮ってすぐに帰れば良いです。

 

・光の心配がある時などは、リハの後半に入れば大丈夫です

 

・動きの心配がある時は、リハの最初に入ります

 


こんな感じに、拘束時間はカメラマン自身で決めてもらっています。

カメラマンさんによっては、ハリキリ過ぎて、長時間を選択することもあるのですが、過度に長時間になってると感じた場合、私から一報入れてます。

 


また編集時間については、撮影時に設定を追い込んでおくことで短くすることは可能です。

 

 

 

【もっと取り分を多くしたい】


・1人で2人分をやる

例えば、ブースも撮って、ダンスも撮れば、売れる枚数は200枚に増やせます

 

・1人で3人分やる

ブースも撮る、ダンスも撮るが、別ポジションをリモートでシャッターを切る

 

・他のサービスも売る

 ◇アルバム集を作って、それをさらに売ることで売り上げを足す等

 ◇ブース撮影で、当日ダンサーさんだけでなく、宣材が欲しい人も撮る

 

 

 

【PhotoFanの現場同行についてご理解ください】

 

■PhotoFanは、カメラマン事務所ではないので、バンバンと撮影仕事は来ません。

 

■カメラマンさんの経験値UPに役立ててもらうためにやっています

 

■上記の観点より、1人のカメラマンさんだけに多数入ることは避けて頂いております

 

■拘束時間は各カメラマンさんに任せております

 

■売れる枚数はイベント種類やカメラマンさんの経験・腕前で左右します

 

 

☆PhotoFanの現場同行は、イベントカメラマン養成講座生を優先にしています

カメラで自分の可能性が広がる&喜ぶ人が増やせる☆稼げる!14コマの講座で出来ます!