写真教室やりたい人必見!「自分に出来ることだけを教える」という間違い

先生をやりたいという人は多くいまして、私のところに相談に来られる方も多いです。

そんなみなさんの話を聞いていて、「あ~、これ勘違いしてるな~」と、気になることがあります。


【教えたいあなたは、教わった過去を思い出そう】

 

写真教室をやりたい方が勘違いしている点とは何か?
それは、「自分が教えられることを教えたい」というところです。


「え??教えるって、知ってることを相手に伝える事じゃないの?」

多くの方はそう思われるかもしれませんね。

 

 

ちょっとカメラ教室の話から離れて、他の教室の話をしましょうか。

 

私は、「踊るカメラマン」自ら言うように、サルサダンスを踊ります。

私が踊りを始めたころ、私は、ただただ、六本木のクラブで人並みに踊れるようになりたかったです。

踊りを覚えるために、レッスンに通うようになるんですよね。


実際にあった話ですが、こんなタイプの先生に習ったことがありました。

===

(1)サルサの歴史や、技の理論、身体の構造を交え、サルサを覚えていく

(2)とにかく、簡単な技をたくさん覚えて、クラブで踊れるようにするよ

===

人によって、好き好きがあるとは思うのですが、私は圧倒的に(2)の先生が合ってました。

そして、半年ぐらいレッスンに通って、六本木のサルサバーで踊れた時にとても感動したのを覚えています。

 


両方ともレッスンに通ったことがあるので、両方の先生とも話をする機会があったのですが、サルサの歴史や技の理論などは、実は(1)の先生も、(2)の先生も同じように持ってるんですよね。


でも、(2)の先生は、それを伝えるより、実際に来られる生徒さんの声に応えて(2)の方法でレッスンをするようにしているのだそうです。

 


【カメラ教室に来られる生徒さんの思い】

 

話を戻して、カメラ教室の話です。

 


私が今まで開催した講座で、多くの生徒さんにアンケートを実施してきました。

 

そのアンケートを見て、多くの生徒様は

・ただ、写真が上手くなりたいだけ

・ただ、知らないことを知りたい

・ただ、悩んでいることを解決したい

という思いで来られることが多いことがわかっております。

 

 

なので、先生が、「これを教えられるから教室をやります!」と気合を入れて挑んでも、生徒さんの望みとは違っていることもあるんですよね。

もし、あなたが先生として、やりたいことで教室を無事に開催出来たとするじゃないですか?

でも、そこに来られた生徒さんは、満足得られないので、こっそり別の先生のところで学び直したりしてるんですよね。。。

 

そして、最初のうちは目新しさで来てた生徒さんも、得たい結果が得られないので、どんどん離れていってしまうのです。

 

教室をやっても、なかなか生徒さんが増えない先生は、この状態に気づいていないことが多かったりします。

 


【自分のやりたいことは出来ない!?】

 


「じゃあ、生徒さんの声を聞いてるだけじゃ、ず~っと初心者講座しか出来なくありませんか?」
とか、思うかもしれません。


実は、それも違うんですよね。

 


過去から現在までの失敗を踏まえ、教室のやり方について、動画を作成致しました!


プレミアム会員のページよりご覧になれますので、良かったらご覧になってみてくださいね。

 

PhotoFanプレミアム会員ページ