イベントカメラマンを受講する『前』と『後』

2019年9月に修了したイベントカメラマン養成講座8期。

同じ受講者同士でも、恥ずかしいのか、なかなか「受講してどうなったか?」を言わないようなのですが、アンケートで聞いたので、ここでお知らせさせて頂きます。

 

【なぜこの講座を選んだのか?】

 

・稼ぐ目的のセミナーは、あまり他にない

・動きものを得意とする先生なので、特に動きものの腕があがる期待感で

・AKIRA先生の他の講座を受講したところ、話が聞きやすくわかりやすかった

・実践主体で、どんどん撮る場面が多いところ

・繰り返し学ぶことが出来る

・再受講が出来るので、1回で覚えられない自分は救われます

・実践的で、撮影練習メニューが多い

・カメラを仕事にしたいと思った時に、いろいろな現場を経験して学んでおきたいと思った

・何でも質問して良いです~という雰囲気がとてもよかった。

・他の講座は、口頭での説明が多くわかりにくい。AKIRAさんところは、スライドの活用でわかりやすいのと、実践が多いので、身につきやすい

・これからイベント撮影にチャレンジしたいと思っていて、実践的な講座を探してました

・カリキュラムが豊富で実践的なところ

 

【こんな不安を持っていた】

 

・カメラの設定で悩むことが多い

・カメラを購入したばかりで、この講座を受講するのはまだ早いかと思いましたが、何度も学べるとのことなので

・環境・状況に応じたカメラの設定

・動きもの撮影の練習をしたいと思っても、なかなかそういう被写体がない

・わかってるつもりでいるところがたくさんあるけど、どう直せば良いか調べてもわからない

・仕事として撮影するには、どのくらい撮れれば良いのか?

・ファミリーフォトと、イベント撮影は撮り方が違いそうで、両方出来るようにしたい

 


【受講してこうなった】


・撮影が楽しくなり、撮影に積極的になれた

・撮影兼ライターの仕事が決まりました

・スポーツカメラマン事務所に登録して活動を始めた

・カメラ事務所の研修にチャレンジして、次回から撮影を受けれるようになった

・学校関係の写真の仕事をするようになった

・今までやっているカメラ事務所以外の撮影にもチャレンジしたくなった

・今までやったことのないジャンルの撮影を引き受けるようになった

・何か自分の得意分野を極めていきたい。それを中心に活動を広げていきたいと思うようになった

・ストロボを使った撮影も自信を持てるようになった

・今まで決まった設定ばかりだったが、いろいろな設定で撮ってみたくなった

・七五三や運動会を撮ってみたくなった

 

 

周りに特に言わずに、どんどんやってた!

 

講座中ではあまり

「プロとして活動し始めました!」

そう、高らかに声を上げる人はいない、控えめな8期生のみなさんでした。

 

でも、時々、話をすると

「先生、実は、スポーツカメラマンとして登録したら、もう撮影に入れられて、撮ってきたんです~」

とか、どんどん行動されてたり

「もう、カメラマン研修行ってきました。レンズ買いたいんですけど、この撮影だと何が良いですか?」

と相談されたり

「こんな案件を受けたのですが、やり方わからないので、来てください」

と、サポートをお願いされたり。

 

みなさん、すごいやってる感を一切出さないので、とにかく私がビックリでした!!

 

 

次回は2019年11月10日スタートです!

カメラで稼げるようになってみたい人は、ぜひ、チェックしてみてください。

 

この『イベントカメラマン養成講座』は


・毎回、撮影実践が多く楽しめる内容!

・多くの人が悩む撮影方法解決し、本当に使えるテクニックが身につく

・プロカメラマンとしてチャレンジしたくなる仲間の刺激

などが揃っています。

独学よりも効率よく学べます!

 

↓↓↓(以下の写真をクリック)

 

カメラで自分の可能性が広がる&喜ぶ人が増やせる☆稼げる!14コマの講座で出来ます!