写真で稼ぎたい!でも1円も稼げてないあなたに

「写真で稼ぎたい」と思って、頑張ってカメラの腕を鍛えてきているのに、1円も稼げない人の悩みを多く聞きます。

そういう方々が口にするセリフには、共通の言葉があります。

 

カメラマンは稼げない??

 

「プロでやろうとすると、好きなこと出来なくなるから、やらない」

「好きなことは、趣味でいいんだ!」

「多くのプロカメラマンさんが、きびしくてカメラマンやめたよ」

 


そういう言葉を聞くと自分的には、こう思います。

「ライバルが減ってよかった~」

 

実は、カメラは、まだまだ稼げます。

 

なので、誰かが、「カメラは稼げない~」と口にして、カメラマンになることを諦める姿を見ると、すでに稼いでる人は嬉しいんですよね~。

なので、本当は、「カメラは稼げる」ということを内緒にしておきたいのですが、カメラマンとして頑張っている人に希望のカケラも無いと言ってしまうのはかわいそうなので、今回の記事を書くことにしました。


少しでも稼ぎたいと思っている方は、この後も読み続けてみてくださいね。

 

 

写真をお金に変えられるかは心の問題

スタートは1円で良いんです。

1円でも良いので、お金をもらうということが重要です。

 

お金をもらうということに対して

「別に、趣味で良いって決めてるし、お金にする必要ないよ」

っていうカメラマンさんにお願いしたいことがあります。

 


あなたは、”自分は趣味カメラマン”と決めていますよね?
それはそれでOK!!です。

でも、それはあなたの判断なので、周囲のカメラマンさんで稼ぎたい人に対して

「カメラマンは稼げない」

と、わざわざ言わないでください~!
だって、あなたはやってないので、稼ぐノウハウも、実情も知らないわけですからね。


カメラで稼いだことがない人に多いのは、マインド、いわゆる心のもちようで、お金をもらうことに対するブレーキがかかっていることが多くあります。


また、こういう人は、性格がやさしくて、純真な方が多いです。
その人たちは、知り合いから「カメラが稼げない」と言われると、それを信じ込んでしまい、光ある未来すら閉ざしてしまいます。


誰かが輝くことを閉ざすことは、大人として良くないことだと思うので、趣味カメラマンで行くと決めた方は、とにかく大人の対応として黙っててくださいね~!

 

稼ごうと思っている人に

 

ここからが本題。


マインドでブレーキがかかってしまうような純真なあなたは、

「写真を買ってもらおう」

そう思うと売れないのです。

 


じゃあ、どうすれば良いのか?

 


私の昔の話が参考になるかと思います。

娘が小学生の時に、地元をメインに活動するチアダンスチームが日本大会で優勝したことがあります。
その時に、千葉ロッテマリーンズのスタジアムで、マリーンズのチアダンスチームと一緒に演技ができるというチャンスに恵まれたのです。

 


そのとき、私は100-400という望遠レンズをレンタルして、球場のスタンドから娘を撮影しました。

すると、一緒にスタジアムに足を運んだ、別の娘さんの親御さんが
「うちは、カメラが無いんで、うちの子供も撮ってくれませんか?」と。


数人そういう申し出があったので、演技の最中に、自分の子供だけでなく、申し出があった方のお子さんの写真もまとめて撮影しました。

当時は、あまりデータで渡すというのが今のように流行っておらず、プリントで欲しいとのこと。


近所のカメラ屋さんでプリントアウトしました。
2Lサイズで1枚50円くらい。

で、それをうちの奥さん経由で、ママさんつながりで渡すことになったのですが「無料じゃ悪いよ~」ということになりました。

 

うちの奥さんも、プリント代を知っているので、最初は「いらないいらない」と言ってはいたのですが、最後には、1枚あたり100円を頂くことになったのです。

結果何十枚も写真を買って頂き、レンズのレンタル代がチャラになるぐらい、お金を頂いたんですよね。

 

 

この経験でマインドが変わりました


この時に、私自身、マインドが変わりました。

写真を売るということでブレーキがかかってたのですが


◇カメラ機材が用意できない人の代わりに写真を撮ってあげる

◇機材があっても、技術的に撮れない人の代わりに写真を撮ってあげる

◇撮ることよりも見ることに専念したい人の代わりに写真を撮ってあげる


こうした、「その人に代わってやってあげて、その対価としてお金をもらう」という構図が見えたとたんに、お金をもらうブレーキが外れました。

 


それと、稼げるようになると、このようにも変わります。

撮影をして1回でも5000円もらったとしたら、「自分が撮影すれば5000円はもらえる」という発想になり、次回から撮影するとしたら、最低でも5000円がもらえるように価値提供を考えます。


もともと「1円でもいいや」、と思っていたのが、「5000円もらえるようにしよう」、「次はもっと、、、」と考えられるようになり写真が自然と、1万、2万、5万、10万となっていくのです。

つまりは、写真を稼ぐことや、さらにその金額を大きくしていくのに重要なのはマインドなのです。

 

 

マインドと共に腕も磨くこと


もちろん、自分自身の写真の価値を高めることも必要ですよね。


あなたが写真を買う立場になって考えてみてください。

スマホでも撮れるような写真を、わざわざデジタル一眼カメラで撮ったからと言って、買いますか??

 

普通は買わないですよね。

 


じゃあ、あなたが買うとしたら?

◇スマホじゃまともに撮れない

◇デジタル一眼を持ってるだけでは簡単に撮れない

などと言った写真ではないでしょうか??

 


私が考えるに、その差別化をしていけるものは何かと言ったら

◎屋内の動きものに対する表現

◎真っ暗なところや、明るさがどんどん変わるところで撮る技術

◎光を生み出して被写体を魅力的に見せるストロボワーク

かなって、思ってます。

 

具体的には

・ダンスの発表会

・ライブ演奏

・結婚式

・ピアノの発表会

・歌手のディナーショー

・動きながら喋る講師のセミナー

・ビジネス向けポートレート撮影

・体育館で行われる運動会

・卒業式・卒園式

・学芸会

・お遊戯会


などなど、まだまだあるかと思います。

 

 

腕を磨く場をご用意しております!

こうした状況で対応出来るべく、PhotoFanでは、講座を取り揃えております。

 

 

楽しいのはもちろんです。

テクニックもスマホに出来ない表現を追求したものばかり。

さらに、私自身が現役カメラマンであり、現場のカメラマンさんの悩みを知っているので、実際にお仕事にも直結していける内容を盛り込んでいるのが特徴です。

 

つまり

楽しい!

すごい!

使える!

です!!

 

レベル問わずにご受講頂けますので、ご興味あるものがございましたら、ぜひチェックしてみてくださいね!

全部、現場に直結するテクニックです!!

 

スケジュールはこちら

PhotoFan予定表

 

 

一部、こちらで詳細をご案内しております

PhotoFan講座のご案内