カメラマンが稼げるポートレートといえば、これ!

まだポートレートでお金払ってるんですか??普通のポートレートは被写体になる人にお金を払っていることが多いです。でも、このポートレートは、被写体になる人が、喜んでお金を払ってくれます。

 

■ダンスは動くポートレート撮影

 

ダンスをやっている多くの人は、スタイルが良く、若々しく、キレイな方が多いです。


これだけ、スタイルが良くキレイな女性。
カメラマンがお金を払ってモデルをやってもらうような存在です。


彼女たちが踊る姿は、さらに美しさを増します。
なので、ダンスシーンを撮るカメラマンさんは、ダンス撮影は「動くポートレート」だと言うことが多いです。

 

■「動きもの」を撮れるだけで、お金が稼げる


ポートレートを撮っている方にお聞きします。

あなたがモデルさんをキレイに写真にすることが出来たとして、モデルさんは、あなたにお金を払いますか??

 


ほとんど100%に近い数のカメラマンさんは
『No』
と答えるかもしれません。

 

決してあなただけではありません。
私も、モデルさんからお金をもらえたことはありません。


でも、彼女たちが「踊っている姿」など、動きを伴う姿をキレイに写真に撮ることが出来ると、この状況が一転します。

 


「写真を売って欲しい」と言われるようになるのです。

 

■踊ってる姿の写真を多く買ってもらえてプロの道に


私がカメラをはじめるきっかけは、自分がやっていたダンスを世に知ってもらうためのことでした。

 


カメラをはじめてから、ひたすらダンサーさんの踊っている姿を撮り続けたある日、こんな声をかけられました。
「写真を売って欲しい」


写真をやっていて
「どうやったら稼げるの?」
そう悩む人は少なくありません。


私も、それで悩む一人だったのですが、ダンス写真を売り始めたとたんに、どんどん写真が売れるようになり、その延長線でプロになることまで出来ました。

 

 

■まだまだ足りない動きものを撮れるカメラマン

本来、デジタル一眼カメラは動きものを撮るのが得意な機械です。

 

それなのに、多くのカメラマンさんは
「動きものは難しい」
と言って、撮るのをやめてしまうのです。


実は、難しいのではなく、撮り方を知らないまま克服できないのであきらめてしまうのです。

 


私の動きものの講座に参加した後

・プロカメラマン事務所にダンスカメラマンとして所属

というものが何名もおります。

 


また、動きもの撮影が得意になり

・企業専属のスポーツカメラマン

として、全国を飛び回るカメラマンになった人もいます。

 

 

つまり、動きものを撮れることで、カメラマンとしての道が開ける可能性があるのです。

 

 

運動会シーズン前に開催します!!

この動きもの撮影の講座を、9月に東京と、大阪で開催致します!

 

・秋の運動会

・ダンス教室の発表会

・体操教室の発表会

 

などなど、この芸術の秋~冬にかけて多くなります。

 

その時に向けて

「動きもの撮影なら任せて!」

そう言えるカメラマンを目指しましょう!!

 

ぜひ、以下のページをチェックしてみてください~

 

『2時間で動きもの撮影が得意になる』のご感想です