ストロボ多灯にチャレンジにご参加のみなさんのご感想

クリップオンストロボの多灯ライティングにご参加のみんさんから、感想を頂きましたので、お知らせいたします。

 

当日やった多灯の表現など

 

クリップオン多灯は、1灯で越えられない表現や、さらに進んだ表現までが可能です。

 

 

 

■1灯で一番最後にやったものに足すとこんな感じにまで出来ます

 

■上下で挟むものも、下からの光の量をいろいろ出来ます

 

■とにかく”ふんわり”を追求

1灯でやった、あれと、あれを、組み合わせると、こうなります。

 

 

■こんな表現や

 

■アスリート系のものは、実際にモデルが私

(生徒さんの写真をお借りしております)

筋肉質でなくてもマッチョに見せるライティングです。

※決して、私は見せたがりではないです:注意!(笑)

 

 

参加者の感想

こんな内容でお聞きしております

 

1、参加する前の悩み

2、参加の決め手は?

3、実際に参加されていかがでしたか?

 

 

30代男性

※午前の1灯講座から続けて参加の方

1、室内におけるストロボ撮影経験がまったく無いので、その点が悩みでもあり、補いたい点でした

2、室内ライティングのコツ・ポイントをしっかりと知りたくて参加しました。

3、1灯・多灯と参加してみて、1灯・多灯の表現の違い(出来る点・出来ない点や表現の幅)がわかって、楽しかったです

 

 

50代男性

1、1灯で出来る影をなんとかしたい

2、1灯でお世話になった

3、やってみてよかった

 

 

30代男性

1、1灯で試しているうちに、光の補うことの限界を感じて、多灯を試したかった

2、価格面と先生の人柄で

3、ものすごくわかりやすくて、楽しく学べました