ストロボを使うのに、カメラの設定はどうする?

前回は、ストロボの魅力について書きましたが、一番の問題は、カメラの設定をどうすれば良いのか?ということのように思います。

 

ストロボがやっかいなのには、理由があります。

yahoo011

 

その、やっかいさを引き起こす原因はこれじゃないかな~。

カメラマンが考えて、設定を突き詰めた後に、ストロボの電源を入れたとたんに、カメラの設定数値が変わってしまうところなんじゃないか?と思います。

 

 

 

例えば、夜景がキレイに写せるように、カメラの設定を決めたとします。

 

で、前に人を立たせて、人物に光を当てたいと思って、ストロボの電源ON!

その瞬間に、カメラの設定数値が変わってしまうのです。

 

 

「あれ??夜景が、真っ暗にしか写らないぞ、、、」

「しかも、人物に光が強く当たってて、全然ドラマチックじゃない~」

みたいな。

 

 

 

実は、ストロボを使う時には、いくつかのことに気を付けないといけないのです。

 

カメラ機種、メーカーによって、動作が異なります。

外付けのストロボでなく、内蔵のストロボだけでもわかるので、ストロボ内蔵のカメラの方も、ぜひ試してみてください。

 

(1)カメラによっては、シャッター速度が、決められたSS以下の数値に強制的にされてしまう

(2)ISOオートにしている場合、ISOが低めの数字に勝手に固定されてしまう

(3)撮影モードによって、動きが違う

 

私はCanonの5D3と、PanasonicのGM5を使っています。

 

 

※メーカーによって、ぜんぜん結果が違うので、あなたのカメラがどうなるか、あなたが確かめてみてください!

まず(1)のSSの問題

Canonの5D3では、SSは1/200以下にされてしまいます。

PanasonicのGM5では、なんと、SSは1/50以下にされてしまいます。

 

次に(2)のISOオートのこと

5D3は、ISOオートにしたまま、ストロボの電源をONにすると、ISOが400に固定されるんです。

これは、Canon特有かもしれません。例えば、Nikonには、この現象はありません。

 

最後は(3)の撮影モードによって動きがちがういう点

Canon全般で言えますが、Avモードの状態で、暗めのところでストロボの電源をONにすると、SSが1/30になります。

いきなり手ブレだらけになるので、ビックりします!

 

また、全メーカー共通で、日中にAvモードで撮影すると、真っ白になってしまうということも多々あります。

 

 

 

 

ですので、ストロボを使う際に、こうするとイイよという点。

暗いところでは、この方法だけでOK

↓↓↓

 

◎カメラの表現で重要な、F値とSS値とISO値を、

 ストロボの電源ONで変わらないようにするために、

 Mモードで設定するようにする

 

 

また、このことも意識しておくと良いですね。

あまり難しく考えないで良いすから、さらっと。

◎ストロボを使う時に

 同調速度(決められたSS以下までしか使えないというもの)の

 規則には従う。

 数字がそれ以上にならないので、すぐにわかります。

 (※ハイスピードシンクロの話は、おいておきますよ)

 

 

あ、Mモードとか、同調とか出てきて、難しいと思われるかもしれないので、今日はココまで。

 

でも、夜景ポートレートの講習会に参加されたみなさんはお分かりと思いますが、

Mモードが出来ると凄い楽です。

 

 

 

以前、神戸での講習会の際に、現地のプロカメラマン~林さんが撮ったお写真です

参加されたみんな、綺麗に撮れましたよね~☆

↓↓↓

000041

 

 

 

あ、暗いところだけ、Mでと書きました。

 

 

昼間のことも忘れちゃいけないですね。

昼間も、ストロボで失敗する人が多いので、あとは、そこまで書いておきましょうかね。

 

 

 

※Mモードをすぐに覚えたいと思った方は→こちら

 

 

 

 

ストロボについては、このようにお伝えします。

それぞれクリックで、ページ移動できます。

ストロボの魅力とは(このページです)


ストロボを使うのに、カメラの設定はどうする?


ストロボを使うのに、カメラの設定はどうする?日中編

・夜間の屋外や、天井の高い屋内でのストロボの使い方(これは講座で)