PhotoFan講座のご案内

「写真で誰かを笑顔に出来たら、もっとカメラは楽しくなる」

というキーワードで、PhotoFanの講座を展開しております。

 

 

 

◆イベントカメラマン養成講座(7/2スタート12コマ・3ヶ月コース)

一般のカメラマンさんが最も声をかけられやすい撮影シーン
~ダンス、ピアノの発表会、セミナーなどの撮影テクニックを学びます。

実際のホールを貸し切ったり、体育館を貸し切ったりしながら、実践練習が多くあります。
カメラマンの撮影ポジションや、実際に撮影に必要な事柄などが身に付きます。

 

受講生は、写真の価値がグッとあがるので、多くの人に喜ばれたり、稼いだり、プロ(副業含む)になる人が多いです。

 

※イベカメは次期も引き続き参加できます(当期の生徒優先ですが)

※参加できない日は、次期に振替え出来ます

※技術UPのサポート、機材のサポートなどあります

※参加者の感想はこちらで見れますこちら

 

 

 

◆ブライダル撮影講習会(4コマコース)

一眼カメラをもっていると、友達に声をかけられることが多い結婚式撮影。

その時に、あなたの腕で、ステキな写真を残しませんか?

実際の結婚式場を利用したり、照明を再現して、難しい撮影シーンを乗り切る術をお伝えします。

 

===

 

 

◆初心者でも2時間で動体撮影が得意になる【動体初歩~親指AFまで】

人物の表情をもっとイキイキと撮りたいと思ったら、動きもの撮影テクニックがあれば撮れますよ!

初心者でも、走り回る子供が撮れるよになって、2時間でステキなダンス写真まで撮ることが出来るようになります。

 

 

◆ダンスの発表会で、しっかり撮れる&ダンサーに喜ばれる撮り方教えます

ダンスの発表会などに呼ばれた時に、チームダンスから、集合写真までしっかり撮れるようになりたいあなたに。

カメラマンが悩む撮影ポジションや、撮った写真の評価の仕方などまで解説します。

 

 

 

◆ポートレート・ライティング講座★1灯ストロボで様々な光をつくる

多くのカメラマンが1台は持っていることが多いクリップオンストロボ。

1台でも、多彩な光を生み出し、多彩なポートレート撮影ができることが学べます。

 

 

 

◆クリップオン多灯ライティングで、ポートレート撮影にチャレンジ

多灯ライティングを使うと、人物の魅力をより高めることが可能になります。

とはいえ、複数のストロボを使うので、光のバランスなどが難しくなります。

この難しさを解決する方法を覚えて、光の手法を手に入れよう!

 

 

 

◆夜景ポートレート講座(天井の無い場所でのクリップオンストロボ撮影)

天井が無い屋外で、天井バウンスに頼らずにストロボの光を優しく被写体に当てる方法を活用して、夜景と一緒に人物を撮る方法が学べます。

天井が高すぎたり、黒色だったりで天井バウンスが効かない場所でも応用が可能です。

オンシューのストロボ原理についても、深く学ぶことが出来ます。

 

 

 

◆デジタル一眼動画講座~プロビデオマンと一緒に編集から遡って覚えよう

カメラマンが考える以上に、撮られる側は、動画も撮ってもらいたいもの。

せっかく持っているデジタル一眼カメラを活かして、被写体の希望に応えられるようにしたいですよね。

とはいえ、カメラの動画設定、わかりますか? 横位置だけのフレーミングが単調になってませんか?

プロビデオマンが、写真と異なるルールなどを、編集から遡りながら、わかりやすくお伝えします。

 

 

 

===

 

◆カメラの明るさ調整とか、設定のこととか、Mとか、暗い場所の撮影とか

カメラを学ぶとともに、常々生じる悩みを一気に解決して、カメラをしっかり習得できます。

最後には、しっかりMモード撮影が出来るようになりますよ。

 

 

◆望遠レンズで構図と上手く見せるコツがわかる~圧縮・強力なボケを活用

カメラの操作を覚えたら、次に多くの人が学びたいという構図やレンズワークについてお伝えします。

写真を上手く見せるコツや、レンズでの写りの特性を活かすことで、あなたの写真がグッと変わります。

 

 

◆簡単キレイ・商品・料理・アクセサリー・ネイル撮影

ネットショップの商品や、お友達のハンドメイド作品、ネイルサロンなどで、あなたの腕が活かせま。

撮影時に意識したい光や、小道具などを活用して、お仕事写真に活用できる手法が学べます。

 

 

◆夜景写真コンテスト入賞者が教える、夜景写真表現を広げる方法

旅先で、ステキな夜景に出会った時に、キレイにカメラに残せますか?

教室で用意する小型三脚を活用して、夜景撮影に必須の長時間露光を簡単に実現する方法から

夜景コンテストで入賞した時に使ってきた多重露光などの手法を織り交ぜ、夜景の表現が広がります。

 

 

===

 

 

◆カメラで楽しく稼ごう

いくらカメラが上手くなっても、「1円もお金にならない」というあなた。

そんなあなたに足りないのは、ビジネスセンスかもしれません。

起業塾などで、多くの経営者を輩出しているビジネスコーチや、すでにカメラ業界で稼いでいるカメラマンさんから、稼ぐヒントを得よう!

 

 

◆ワンコイン講座

カメラマンさんの交流から、情報交換、カメラ業界がカメラマンさんに伝えたいことなど

不定期で開催しています。

今まで、「桜をふんわり撮る」、「カメラマン事務所はこんなカメラマンが欲しい」など開催。

 

 

===

 

どのレベルの人がどれを受けられるか?

 

◆私自身1年でプロになっているので、カメラ歴・レベルはまったく関係ないと考えます

 

◆カメラの基礎となる「Mモード撮影」の習得だけは、必須にしております
 (2~3時間の講習で、小学生からお年寄りまで、すぐに覚えられます)

↓↓↓

カメラの明るさ調整とか、設定のこととか、Mとか、暗い場所の撮影とか