簡単&使えるストロボ技~ソフトボックスとアンブレラの差

先日のストロボ講座以来、たくさんのメールが届きました。

 

その写りに魅力を感じて、

「なんとか自分でも出来るようになりたい~」

と、意欲あふれるご意見をたくさん頂きました。

 

 

今回は、特に多いご質問について書きたいと思います。

 

 

それは、ソフトボックスとアンブレラの差です。

さらに、先日のストロボ講座でお伝えした方法の差などを、実際に撮ってみたので、お見せしたいと思います。

 

 

 

 

 

オフシューをやるための道具は、こちらに、いろいろ載せてます。

↓↓↓

こちら

 

 

まず、スタンドを用意。

 

 

 

まずは、ソフトボックス(60㎝)からやります。

 

 

 

 

このソフトボックスの、クリップオンを固定するブラケットですが、実は、購入したセットだけでは、スタンドにつきません。

 

 

 

なので、ピゴットを別に用意します。

 

 

 

これでブラケットがつなげられます。

 

 

で、クリップオンストロボを固定します

 

 

 

では、ソフトボックスの本体を取り付けます。

 

 

 

ちなみに、今回、ストロボは430EX。カメラはLUMIX GM5。

オフシューで光らせるために使ったのは、こちら。

 

 

 

講座でお伝えしたように、マニュアル調光で、ストロボの光は固定したまま、一切変えません。

1灯は、それが出来るから、とても簡単なんです。

 

 

 

ストロボの位置は、被写体から、横に45度。高さも45度くらいに。

 

 

そのストロボに合わせて、カメラの設定をします。

 

 

 

 

ちなみに、ストロボが光らないと、写真は真っ暗になります。

つまり、ストロボの光だけで撮ってるというわけです。

 

光の魔術師イルコさんなんかが言っている「ブラックボックス」とは、このことです。

 

 

 

 

では、組み立てたソフトボックスでライティングしたらこんな感じ。

スマホを持っているのは、GM5のシャッターを、スマホでコントロールしているためです。

コントラストが高い感じで、男性に、似合うライティングかと思います。

 

 

では、アンブレラに変えます。

先ほどのブラケットは、アンブレラをつけることも可能です。

 

 

 

アンブレラだと、こんな感じ。

光が拡散されるので、背景まで明るくなります。

ただ、被写体への影が、けっこうコントラスト高めです。

 

 

 

 

正直、子供や20代前半の若い女性は、コントラスト高い光を当てても、キレイに写ります。

だから、20代後半以降の女性を撮る時に苦戦することが多いんです。

 

 

 

 

そんなんで悩んだカメラマンさんが探しつづける「ある手法」。

 

これを使うと、一気に影のコントラストが弱まります。

 

婦人向け雑誌では、この手法の写真を多く見ます。

 

 

 

 

それと、女性の方が、やってみたいと言うことの多い逆光もつくりました。

逆光にすると、フンワリ感は出ますが、顔がハッキリ見えなくなるので、用途に応じて使い分ける感じかと。

 

 

 

 

 

もう一度、並べてみますね。

 

「この光が好きだから、これを使う!」という発想ではなく

撮られた方が、「どんな風に撮られると喜ぶか?」の発想で選ぶのが良いような、、、

 

 

 

オフシューをやるための道具は、いろいろ載ってますからね。

↓↓↓

こちら

 

 

ご質問頂いたみなさま、ぜひ、参考にしてくださいね。

 

 

2月25日の名古屋では、

・小物雑貨

・アクセサリー

・ネイル

・人物

を、ストロボ使って撮りますからね~。ぜひ楽しみにしていてください。

 

 

簡単&使えるストロボ技☆

クリップオンでプロの様に@名古屋

↓↓↓

こちらでご覧になってみてくださいね