写真であなたがやりたいこと、ここで一緒に実現させましょう!

 

あなたの想いの実現の場として、活用してください

 

◆好きなカメラで、誰かを喜ばせたい

◆趣味でお金が稼げる

◆働きながら、手に職をつけたい

◆社会人だけど、週末だけプロカメラマンをやりたい

 

・好きなカメラで世の中の役に立てたら良いな~と思っているあなたに

・副業OKが広まりつつあるご時世で何をやったらいいのか悩んでいるあなたに

・給料だけでは、生活費が足りないから、アルバイトしようと考えているあなたに

 

 

その思い

一緒に実現しませんか??

 

 

イベントカメラマン養成講座とは?

 

◆『イベントカメラマン養成講座』の受講生は、技術を身に付けて

 

・自信を持って、撮影に挑めるようになった人

・「週末プロカメラマン」になった人

 

がたくさん。

 

 

12コマの講座を通じて

◎「現場で対応出来るカメラテクニック」

◎「実践経験を通じたカメラマンの振る舞い方」

◎「自分の価値を高めるための考え方」

などなどが学べます。

 

 

特にこう思ったら検討してみてください。

◎独学よりも効率よく、お金を無駄にしたくない

◎一人では体験できないような実践の場が欲しい

◎プロカメラマンとして、自分が現場に立てるまでサポートして欲しい

◎とにかく、撮影に向かうための自信をつけたい

※一人一人の技術レベルや、目指す想いに応じて、細かくサポートします。

 

 

 

あなたが自分の腕前に納得するまで

あなたが学べる場所でありたい

 

12コマの講座が全部終わっても

次回以降の12コマのうち、好きな時に自由に学びに来れます。

 

 

【例えば】

こういうことありませんか?

 

@ホールでのピアノの撮影の講座を今回受けました。

@しばらくして、実際に、ピアノの発表会の撮影の依頼が来た!

@え、ちょっと覚えてない!!

 あれ??カメラの設定は??音を出さないようにどうすればいいんだ??

 

【実は】

依頼を受けた時に、真剣になる人がほとんど。

なので、その時に、改めてじっくり学んでもらうようにしました。

 

 

=それは、あなたを、しっかり撮れるカメラマンさんに育てたいからです=

 

それだけ、しっかり撮れるカメラマンを世の中は求めているからです。

 

 

スクールフォトの大手、千(株)様から、「AKIRAさん、カメラマンさんを紹介してください」と絶えず言われます。

 

カメラを持っている人は増えました。

しかし、大切なイベントなどでしっかり写真を撮れるカメラマンは、まだまだ不足しているというわけです。

 

 

ですので、あなたがしっかり撮れるカメラマンになれるように、何度も学べる場所をご用意しました。

 

@カメラが上手くなった人は、とにかくその腕前を維持してください

@カメラを買い替えた時に、テスト出来る場所として活用してください

@現場に出るのに自信が無い人は、なんども練習しに来てください

@実際に現場に出たけどミスをした人は、ミスしたところをと学び直しに来てください

@社会人でも、どんどんチャレンジしてください

@手に職にならないアルバイトよりもお金になるし、将来に役立ちます

 

 

この講座に、推薦の言葉をいただいております

 

ちなみに、スクールフォト大手の、千(株)様より、この講座をご推薦していただいております。

↓↓↓

~~~

たくさん写真教室はありますが、清水顕様の「イベントカメラマン養成講座」が特におすすめなので紹介させて頂きます!

 

全12コマの授業内容はとっても内容が濃いです!

とくに「運動会模擬撮影」・「ライブ撮影練習」、「画像編集」、「ストロボの使い方」まで、この講座で更に技術がアップすることまちがいなしです…!!

 

はいチーズで活躍されている方もこちらの講座でレベルアップされている方も多いようです^^

 

写真教室に興味ある方や、どの講座を受けようか迷っている方もしいらっしゃいましたら、おすすめですヾ(≧▽≦)ノ

~~~

 

あなたを飛躍的に上達させるもの

すべて詰め込みました

 
【『イベントカメラマン養成講座』の全体の流れ】
 

テクニック編・カメラマンPR基礎

1コマ目:レンズワーク、失敗しない撮影方法
2コマ目:好きなことと世の中をつなぐための基礎知識
     Facebookとブログの関係
     機材はこれがあれば大丈夫
     スマホに負けない一眼の強みを活かす
     画像編集基礎
3コマ目:動きもの基礎
4コマ目:動きものしっかりダンスが撮れるまで
5コマ目:ストロボオンシュー
6コマ目:ストロボオフシュー基礎

 

実践編・カメラマンPR応用

7コマ目:ホールでピアノ発表会、ダンス発表会、セミナー撮影模擬体験
8コマ目:日中シンクロ
     自分がやっていることをWhyから伝え、人の心を動かす
9コマ目:ライブハウスでライブ撮影。一歩進んだ表現まで
10コマ目:Lightroomで画像編集
11コマ目:体育館を使って運動会模擬、動きものおさらい
      カメラで稼ぐ種類のご紹介
      自分に出来ることで価値を創造し、独自の強みにしていく方法
12コマ目:ストロボ多灯

※コマの順番や流れは、変わることがございます

 

 

「他に、こんな教室はありませんでした」

そんな受講生の声を知ってください

 

講座を受講された、生徒さんに話を聞くと

 

□「これまで写真でお金をもらったことなかったけど、この講座中にお金をもらう経験をしました」

□「自分の写真をいかに世の中に公表していけばいいかを考え、ワクワクするようになった」

□「撮るのが今まで以上に楽しくなった」

□「プロの現場で撮影をはじめました」

□「プロカメラマン事務所に登録して、これから活動します」

□「自分自身にいろいろな意味で自信をもたせてくれた講座でした」

□「知識の詰め込みではなく、現場を模擬体験をしながら、効率よく効果的に学べる」

などなど。

 

修了生の感想などもございますので、ぜひ、お読みになってみてください。

↓↓↓
一期生修了生の感想

 

 

参加の際に必要なもの

 

【各自ご用意いただくもの】


・カメラ機材
 (どんな機材を揃えていくのが良いかを初回に行います)
  ※マップレンタルなどで借りてもOK

 
 カメラはエントリー機でOK
 一眼レフでも、ミラーレスでもOKです。

 レンズは、キットレンズ、望遠レンズ
 F値が小さい、通しレンズがおススメですが、必ずしも必要というわけではございません。

 


・ノートPC、スマホ
 (編集ソフトはLightroomを使います。購入されない場合、体験版で進めます) 

 ※こちらでLightroom入りのノートPCが借りれます→こちら

 

 


・クリップオンストロボ
  実は、ストロボは、けっこう重要です!
 (カメラと同メーカー純正のフラッグシップか、その1つ下のモデルがおススメ) 
  例:Canonでしたら430EX以上、NikonでしたらSB-700以上がおススメ

   Nisshin Japanのi60Aなど、TTLの優れたストロボもおススメです。

  ※マップレンタルなどで借りてもOK

 


・Facebookのご利用
 伝達事項など、Facebookの専用ページで行いますので、Facebookのご利用をお願い致します。

 

 

 

お約束します!

あなたを、「自信を持って撮影に挑める」

カメラマンにします

 

あなたが、カメラが上手くなって、活躍したいと思う気持ちを、私も全力でサポートします。

 

既に、多くの先輩がプロになったり、自信を持って活動をしています。

 

あなたも、ここに来て、一歩先にいけるカメラマンになりませんか??