多重露光で、ただ撮る写真から、クリエイトする写真へ

今、ただ、カメラを構えてシャッターを押してるだけのあなたに。

何かを追加することで、写真はもっと輝きます。

写真に何かを足すと考えると、パッと思いつくのは


+編集(Lightroom)

+HDR

+多重露光



これらも、足すものになるかもしれませんね。

+クリップオンストロボ

+多灯ストロボ




何を足すか??って考えるの、面白くありませんか??



頭をひねってアイディアを出すことは、本来多くのカメラマンが持っているクリエイティブ精神に火をつけてくれるはず。


その楽しみを、ぜひチャレンジしてもらいたく、簡単に多重露光する方法をお伝えします。





「多重露光」とは??

2枚以上の写真を重ね合わせることです。フィルム時代からある撮影手法。



■後加工で多重露光をやる方法を教えます

やりはじめると面白い「多重露光」ですが、カメラによっては出来ない機種もあります。

ですが、そこで諦めるのは、まだ早い!



スマホのアプリでなんとか出来てしまうのです。



私が愛用しているSnapseedでも、最新のバージョンから、多重露光が出来るようになりました。

興味ある方は、以下でご紹介する方法に沿って、やってみてください。

重ねる写真は、まずは何でもOKです。

 

まずは、アプリを起動します。

 

そうしたら、元になる写真を選びます。

左上にある、「開く」をタップで、いろんな写真を選べます。

 

元になる写真を選んだら、次は、画面の下の中央にある「ツール」をタップします。

こんな感じに出てくるけど、このメニューたくさんあるので、スライドさせてください。

 

すると、はい!ありました

「二重露出」

これをタップ

 

画面のしたの、写真+の画像をタップすると、写真を重ねられます。

用意した2枚目の写真を選択してください。

 

この写真を用意しておきました。ですので、これを選択します。

すると、、、

 

 

はい!

こうなります。

ちなみに、画面下の中央にあるトランプみたいなマークは、重ねた時の表現方法が変えられます。

その隣のしずくのマークで、重ね度合いみたいなものが変えられます。

 

 

最後にしっかりと書き出しましょう。

自分は、元画像も残しておきたいので、ここでは、コピーを保存を選択しています。

 

 

はい、これで出来ましたとさ。

 

多重露光は、決してイルミネーションに使うだけのものではありません。

ただ、夜の光や、ライブハウスの光などを使うとやりやすいです。

 

今回は、アプリで重ねましたが、カメラで撮りながら重ねた方が、やりやすいです。

この辺の機能は、レフ機よりも、ミラーレス機の方が優れているかもしれませんね。

 

 

ちょっと作例を最後に。

 

 

ライブカメラマンYAMAO氏の写真から

 

 

すいません~!

直近の講座のお知らせさせてください~