あっという間に動体撮影のスペシャリストになれる!ダンス撮影講習会

===

カメラ初心者でも

ダンスの撮影が上手くなる方法があります!

===

 

 

 

「カメラで稼げるようになりたい」

「誰かのために役立つカメラマンになりたい」

「もっと活躍できるカメラマンになりたい」

 

などと、思ってるのなら、おススメの方法があります。

それは

dance0072


「こんな人に撮ってもらいたい!」

そのように、多くの人に思ってもらえる写真を撮ることです!

 

 

そのために

少しキレイな風景やお花にレンズを向けても、あまり意味がありません。

 

 

私がおすすめするのは、

ダンス写真です!

dance0044

 

なぜなら

1)そもそも、ダンス自体が美しい

2)動きがあるので、スマホじゃ難しい

3)施設の照明により、想像以上にキレイに写る時がある

4)ダンサーさん自身がアピールのために、その写真をどんどん拡散してくれる

5)他のダンサーさんの目にもとまりやすい

6)同じような施設で演奏するミュージシャンも注目する

などなどの理由からです。

 

dance0041

 

ダンス撮影の写真を掲載したHPを持っている私。

↑↑↑
これだけで、実際のところ

・ダンスの発表会

・お遊戯会

・ライブ撮影

・音楽会

・運動会

の撮影依頼が来ます


ダンス撮影をきっかけにご依頼を頂いたお写真は
こちらにございます
↓↓↓
ギャラリー

 

 

 

 

人が活動する写真は美しいものです。

すべてのイベントには動きが伴います。
ですので、「動きを撮る」ことは非常に重要です。

 


また、人は、写真を見る時に、真っ先に人を見るのです。
ですので、人物が綺麗に写している写真は、真っ先に注目されるのです。




事実、動きを撮れるようになるだけで

人物をとらえた写真が、
ずば抜けて上手く見えるようになります。


身近なものでは、運動会などありますね。

o0640042712990410548

 

発表会も、実は動きが多かったりしますね

0019

 

幼稚園児は、走り回ります!

0002

 



この動きを撮ることを覚えるためにも、ダンス撮影にトライするメリットはあります。

 

もちろん、写真の技術はそこそこ必要ですが、なによりも、撮影機会が多ければ撮影に慣れていくので、おのずと、良い写真が増えていきます。



その一歩をぜひみなさんに踏み出していただきたくて、このブログを書いてます。

この私自身も、カメラを始めて、わずか1年で仕事としてカメラマンをやるようになったのは、ダンス撮影があったからです。

 

 

dance0010

 

とはいえ、

やみくもにダンスを撮れば良いか?というと

そこには落とし穴が、、、!

 

 

 

なぜなら、ダンス写真には

ベテランカメラマンさんでも、なかなか知らない

ダンスカメラマンだけが知っている

ダンサーさんが(本心で)喜んでくれる撮影方法

があるからです。

 

 

dance0013

 

実際に、私の知っているカメラマンさんも、

ダンスカメラマンだけが知っている

ダンサーさんが(本心で)喜んでくれる撮影方法

を知らないがために、

 

「もう、撮影に来なくてもいいですよ」

と、ダンサーさんに言われてしまっているのです。

 

 

まあ、あまり親しくないダンサーさんだと、気を遣って、そんなことは言いません。

でも、親しいダンサーは、本心で、そう教えてくれます。

 

 

これはショックなことでしょうけど、でも、それを知らない限り、あなたは上達しません。

ですので、本心を打ち空けてくれるダンサーさんには、感謝すべきなのです。

 

dance0016

 

ダンサーさんが(本心で)喜んでくれる撮影方法

ダンスカメラマンが、当たり前に行っている業界のルールなので

実際に、言葉でしっかり説明をしてくれる人はいません。

 

あまりに、暗黙のルールなために、誰も口にしないのです。

 

 

それだけに、それを知ることは難しいのです。

 

 

 

ですが、元ダンサーの私。

 

少しでもダンスが美しいものだと知っていただくために

カメラマンさんに上達してもらおうと考え

この暗黙のルールを、一般のカメラマンさんにお伝えすることを始めたのです。

 

 

それが、ダンス撮影講習会の始まりでした。

o0800053313198446800

 

ダンス撮影講習会は、先に書いた、

「ダンサーさんが(本心で)喜んでくれる撮影方法」を中心に講習会が進みます。

 

 

そこには、こんなお悩みを抱えたカメラマンさんが集まってきます。

 

・独学で撮ってるが、正しいかわからない

・ダンス撮影を頼まれてどう撮ればわからなかった

・動きものを撮る時のカメラの設定がわからない

・ダンス撮影の知識がない

・人に頼まれた時に、喜んでもらえるように撮りたい

・動体撮影の成功率を上げたい

・いつもダンスを撮っているが、いまいちパッとしない

・とにかくダンス撮影の練習がしたい

・室内ダンス撮影の練習がしたい

・プロと、自分の撮影の違いがどこにあるのか?か知りたい

 

 

 

そんな悩んでいたみなさん、このダンス撮影講習会を受けて

◆説明が丁寧でわかりやすく、とても参考になった

◆構図の違いなどが理解出来て良かった

◆実際のダンサーさんを撮りながら進めるので、納得できた

◆ダンス撮影のポイントを知ることが出来た

◆プロも、◎◎をしているんだと知って、安心しました

◆□□や◎◎をすることが撮影の1つだと知って、目からウロコです

◆とりあえず、もっと撮りたいという気持ちになりました

と、すっかり悩みが解決してます!!

 

 

 

実際に、この講習会は

・初心者でも、参加できる

・ダンス撮影でお金が稼げるようになる可能性がわかった

・どんな写真をダンサーが望むのかわかるのが良い

・他のジャンル撮影にも応用できる

・コンサートやライブを撮ってる人も、更にステップアップ出来る

・他にこういうセミナーがない

・日ごろ、ちゃんと練習や学ぶ機会がないものを学べる

などという点でおススメです。

 

 

■実際の講習会の風景を動画で、、、

 

 

 

 

 

■実際に、受講された方の感想・お声を動画で頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンス撮影講習会は、現時点で3つのパートに分かれています。

 

1、ダンス撮影講習会①=ダンスが撮れればなんでも撮れる!親指AFまで

→詳細などは、こちら

 

2、ダンス撮影講習会②=ペア・チームダンス、様々な環境に応用する撮影手法を学ぶ

→詳細などは、こちら

 

3、ダンス撮影講習会③=ダンスジャンルを決め、撮り方や、現場のルールを極める

→詳細などは、こちら

 

 

1は、全カメラマン必須です

 

1では、ダンスを撮ることが初めての方からを対象としております。

※もちろん、走り回る子供の撮影などにも、応用が可能です。

 

→詳細などは、こちら

まずは、

・1人のダンサーを撮る時のカメラの設定

・どのようにダンサーをフレーミングしていくか?

・プロの90%以上が使う親指AFにトライ

・ダンサーをより魅力的に見せる裏技の数々

などお伝えしていきます。

 

「喜ばれるダンス写真」を知るために、必須の講座です

※1の講座レポートがこちらで見れます→こちら

0039 

 

 

2では、チームダンスや、様々な環境に合わせた撮影手法を学びます。

→詳細などは、こちら

1からさらに進んで、

・2人で踊るペアダンスやチームダンスの撮り方からスタート

・ペアやチームでは、どんな風にフレーミングするか?

・チームダンスでは、親指AFをさらに活用する必要が出てきます

・暗い状況や、コロコロ照明が変わる状況で注意したいこと

 ※施設の環境や、みなさんの装備に合わせて内容を変えます

 

01838 

 

 

 

3は、ダンスのジャンルを決めて、その撮り方や、そのジャンルの現場のルールを身に付けます

→詳細などは、こちら

ダンス撮影講習会でせっかく技術を身に着けていただきましたが、

実際に、現場に出て行く際に、ダンスのジャンルごとに撮り方が多少異なります。

そのため、ジャンルを決めて、そのダンスに特化した撮影の方法や

実際に、そのジャンルの現場で、知っておかないと恥をかいてしまうような

カメラマンの振る舞いなど、お伝えします。

 

 

00361

どうですか??

参加されることで、一歩前に進められている方が多いですよね!

 

 

迷っているのなら、まずは、受けてみることを、おすすめ致します。

 

また、「自分には役に立たないのでは?」と悩んで参加を躊躇される方にも、ぜひお越しいただきたいのです。

ですので、参加された方にお約束します

あなたの役に立たなかったら、全額返金します!!

 

 

 

【実際の講座の予定など】

 

2016年10月8日

①を東京で開催します

↓↓↓

こちらで開催場所など確認

 

 

その他のスケジュールなどは、こちらでご確認ください

↓↓↓

PhotoFanスケジュール