結婚式・ブライダル撮影は怖くない!失敗しない方法教えます

■めまぐるしく状況が変わる結婚式で失敗したくない

■式の流れや、カメラマンの動きをしっかり覚えたい

■経験が無いので、とにかく不安

■撮影をお願いされても断ってきた

全てのカメラマンさんに、失敗しない秘策をお伝えします



 

0052

 

頼まれて嬉しいけど、ここが不安な、結婚式撮影

 

もし、あなたが、結婚式の撮影を頼まれたとしたら、こんなことで悩みませんか?

 

◆光がコロコロ変わるブライダルで、カメラの設定をどうしたら良いのか?

◆失敗が許されない結婚式で、失敗しない方法を知りたい

◆経験がないので、頼まれても断ってた事があって、一度練習してみたかった

◆式自体の流れや、カメラマンの動きがわからない

◆ストロボの使い方はどうしたら良いんだろう?

◆構図やアングル、ブライダルの基本的な撮り方がわからない

◆ブライダルの写真事務所の面接をこれから受ける。カメラマンとして現場に入るのが不安

◆クリエイティブでなければならないところ(プライズルームなど)の知識を知りたい

◆ブライダルフォトにチャレンジしたいが、セミナーもないし、なかなか経験できない

 

 

私も、初めてブライダルの撮影に入った際に、相当悩みました。

だから、あなたの気持ち、とてもわかります。

0034

何もわからないと、ベテランカメラマンも不安になるもの

 

一般の方はなかなか知らないことですが、カメラマンは、

◎現場を経験したか?

×経験してないか?

が、すごい重要です。

 

腕前ウンヌン以前に

◇カメラマンがどのように動いてもOKなのか?

◇どういう写真を撮ればOKなのか?

が分からない限り、新郎新婦に喜んでもらえる写真は撮れません。

 

 

カメラ歴が長いとか短いは、まったく関係ありません。

 

あくまでも、「結婚式で撮ったことがある」というのが、写真の出来栄えを左右するのです。

 

0008

 

結婚式の大枠を知る

結婚式の全体の流れを、シンプルに覚える方法があります。

 

それは、

結婚式を3つに分けること

 

①プライズルームやロケ写

②チャペル(教会)

③披露宴

 

 

これらのシーンで行われることがまったく違います。

ですので、それぞれで求められるものも、異なります。

 


「プライズ、ロケ写」では、環境を活かして綺麗なイメージカットを撮るなどアート的なセンスが求められます。

 

とにかく綺麗に撮れるシーンなのですが、注意点が2つ。

・1つ目は、時間が限られているので、短い時間で的確に撮影していく必要があること。

・2つ目は、新郎新婦は美しいく見えることが多いですが、モデルさんでは無いので、ポーズの指示をしても、出来ない場合が多いです。

 

このため、まず、限られた時間で、効率よく声がけして、ポーズを作ってもらい、撮っていかなくてはなりません。

さらに、お部屋にある小物や、花嫁さんが身に着けるアクセサリー、化粧に使う鏡などを効果的に使うことも大事。

 

これらが出来て、ようやく印象的な写真が出来上がっていきます。

 

 

「チャペル」では、教会の厳格なルールの中での撮影になります。

 

カメラマンは限られた動きの中で、いかに印象的な写真を残していけるかが求められます。

制限が加わった中で撮った経験が無いと、アタフタしたまま、まったく対応できずに終わってしまいます。

 

・どの場面で、どんな写真が必要か?

・その写真を撮るために、どこに居る必要があるか?

これらは、実際の教会の中に入れば、わかるのですが、なかなか日常的には教会には入れませんよね、、、

 

また、建物の天井があまりに高いので、天井バウンスがまったく出来ないことから、ストロボを活用したいカメラマンさんにとって、苦戦を強いられます。

 

そこで、ある秘策を使って、ストロボの光を和らげて、新郎新婦に光を当てます。

 

 

「披露宴」の撮り方を覚えると、結婚式に2次会撮影にも応用ができます。

 

ムービー上映や、ケーキカット、テーブルごとの集合写真撮影など、

めまぐるしく変わるイベントへの対応能力と、集合写真などを撮る時のトーク術が求められます。

 

実は、一番難しいのが、披露宴かもしれません。

特に、入場シーンは、会場が一気に暗くなってから扉が開き、その後、新郎新婦にスポットライトが向けられます。

このシーンは、カメラマンが数値をころころ変えても、まともに撮れません。

 

撮れないシーンが増えていくと、どんどん、撮るモチベーションが下がってきます。

でも、新婦さんが、お友達と会話したりする、自然な笑顔が撮りやすいシーンなので、カメラマンは凹んではいられません。

 

ですので、多くのプロカメラマンは「撮れない」を防ぐ裏技など活用して、失敗を防ぐのです。

 

 

このように、3つのシーンで、内容が大きく異なり、求められる写真も変わります。

 

0015

 

この3つのシーン、一度体験したくありませんか?

 

本音を言いますと、私自身、プロカメラマンとして、結婚式場に入る時に、とにかく怖かった。

 

どれだけ、「練習出来たら良いのに~」と思っことでしょう。

 

ですので、3つに分けて練習出来る場をつくったのです。

 

 

実際に、ここで練習出来た方は、こんなことがわかりました。


・意外に流れが速いことがわかった

・いろいろ知りたかったことを、知ることができた

・流れの説明がありながら、撮影体験もできて勉強になりました

・式の段取りや注意事項など、式を体系的に解説してもらえ、わかったのが良かった

・反射神経と場数が必要だなと思いました。

・シャッタースピードを、通常よりも早くするってところが聞いて撮って知れたので良かったです。

・こういう練習が出来る機会は貴重で、設定など勉強になりました

・全体の流れでポイントを押さえていけば十分に対応できると思いました

・もう少し深くやってみたいと思いました

・なかなかこのような機会がないので、貴重な経験になりました

 

0017

この講習のをおススメポイントはこちらです。


◎実際の会場で、ブライダルというシチュエーションで撮影体験できる

◎ブライダルカメラマンのプロが、親身にアドバイス

◎疑問に思ったことがその場で質問出来、理解が深まる

◎これから、ブライダル撮影をやる機会がある方には、とにかく不安が軽減できる

◎運動会などは撮っているけど、ブライダルなどにも活躍の場を広げたい方にもおススメ


などなど、おすすめしたいところが、たくさんあります。

 

 

 

それぞれの場面に分けて講座をご用意しました

 

結婚式撮影講座①②【披露宴編】失敗を防ぐプロの裏技教えます:全2回

 

 

結婚式撮影講座③【教会編】本物の教会で学ぶ

 

 

結婚式撮影講座④【ロケ写・プライズ編】ハウススタジオ撮影

 

 

 

※保存版8500円分の資料がついてお得なコースもご用意

結婚式撮影講座【①②③④の全4回】プロカメラマンと実践撮影で学ぼう

 

327