動画の破壊力!「動画が撮れる」は、武器になる

デジタル一眼をやっている人の中で

「なんで、スチルカメラに、動画の機能なんてあるんだよ~」

「動画機能を無くして、もっと安くしてよ~」

と口にする人は、けっこう多くおります。

 

 

ですが、その発想、撮られる人のことは、一切考えていません。

 

 

例えば、セミナー風景を撮ってもらいたい講師の方が居たとします。

確かにスチルカメラでも撮れますが、今や、iPhoneで撮っても、さほど変わりません。

 

 

なので、その講師さんは、

「動画が欲しい~」と思うのです。

 

 

自分は先日、サロンの撮影をしました。

その施術される方からも

「今は動画があった方が良いので、AKIRAさん撮れませんか?」

と言われました。

 

 

プロフィール写真でもそうです。

綺麗に撮るのは、もう誰でも出来るようになりました。

だからこそ、より人間性をPRするために、「動画が欲しい」という話になるのです。

 

 

 

とはいえ、そのデジタル一眼と別に、ビデオを持ち歩くのは大変ですよね??

 

だったら、今使っているデジテル一眼の動画機能を使いこなした方が良いわけです。

 

 

 

私も、自分の講座風景を、自撮り動画にしています。

↓↓↓

 

 

 

とはいえ、

◆デジタル一眼の動画撮影の設定ってどうしたら良いんだろう??

◆編集ってどうやったら良いんだろう

◆フレーミングって、横だよな??

◆ビデオマンが上手いのは、なにか秘訣があるのか?

◆え、動画の時のAFってどうしたらいいの??

◆旅行中の動画の撮り方って、どんな感じにすれば良いんだろう?

◆子供が遊んでいるところを上手く見せるには、どうすれば良いんだろう?

 

などなど、スチールカメラマンが、ほとんど知らない手法が、ビデオ撮影で必要になります。

 

 

そこで、ブライダル業界で、プロのビデオマンとして活躍するカメラマンさんを呼んで

一緒にレクチャーしてもらうことにしました。

 

 

 

◆題して

 『デジタル一眼動画講座~プロビデオマンと一緒に編集から遡って覚えよう』

さっそく、ちょうど一ケ月後

7月の17日(月曜日ですが、祝日です)に開催致します。

 

もっと、誰かに喜んでもらいたいカメラマンさんにおススメ!

ぜひ、詳細をご覧ください

↓↓↓

こちら