素直さがアダとなり、写真を売れないあなたに

写真をまだ販売した経験が無い方が、
「売る」ためには、なかなかハードルがあるかと思います。

 


私自身も、写真を売るまでは、かなり悩みました。

そんなあなたの武器になるかもしれない、あるシステムの紹介です。

 

 

 

 


私が写真をFacebookなどに写真をUPしてた時は、あまりプライバシーの問題などがあまりうるさくない時だったのでダンスイベントで撮った写真を、Facebookに、バンバンUPしていました。

 

 


そんなことをやってると、自分が踊りに行った先で

「AKIRAさんがこの前UPした!売ってください」と声をかけらることもしばしば。

 


でもね~、顔を見合わせる知り合いから、さすがにお金とれないんです~!

その場で「プレゼントします~!」と言ってました。

 

 

「あ~、こういうことが続いたら、いつまでもお金にならないか~」

そう悩んでいた時に、写真を販売するシステムの存在を知ったのです。

 

 

「お!これなら、顔を合わせなくて良いじゃん!」

と、凄い発見をした気持ちになりました。

さっそくシステムを導入。

 

 

 

Facebookに写真をUPする時は、少し工夫して、写真に透かし文字を入れて

「元データが欲しい方、こちらです~」と

システムに誘導するようにしたら、瞬時にシステム経由で売れたんです。

 

 

 

 

最初の販売金額はものすごく低かったですよ。

 

なので、収益性はほとんどゼロでしたが

「あ~、こうやって売っていけばいいんだ~」

というビジネスモデルを発見できたことで、将来に明るい兆しが見えるようになったわけです。

 

 

その後の、価格の引き上げ方は、昨日のセミナーでるみの先生が言った方法とまったく同じでした。

 

 


もし、あなたが、当日の私のように、素直さがアダになって、写真が売れない!

そう悩んでいたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 


オススメの販売システムをご紹介します

◆このシステムの費用は、運用してても、まったくかかりません。

◆写真が売れた時に、その販売金額から、何パーセントかを

 システム会社に持っていかれるだけです。

 

 

【特におススメの点】


◆「簡単に登録できる」

→他の会社は、個人事業登録とかしないと出来ないとか


◆「画像のアップロードが楽」

→他社比較で、圧倒的に早い!

 

◆「買う側が、写真をアップして、細かいところを確認できる」

→上手いカメラマンは、画質を訴求できる


◆「英語対応」

→海外から来たダンサーさんにも、これで売れました

 

 

 

 

 

詳しい資料を、こちらにご用意致しましたので
ダウンロードしてお使いください

↓↓↓

こちら