カメラマンとして知っておくと役立つ事柄一覧

これらを効率よく、体感しながら覚えることがおススメです。

 

 

・機材の揃え方は◎◎を見ながら判断する
・カメラで稼ぐためにやっておきたいこと
・新規のお客様を増やす方法
・声がけの仕方
・引き合いがきた時に、チャンスを勝ち取る方法

 

・PCを使わずにスマホで一目置かれる写真編集の仕方を学ぶ
・PCでの編集(Lightroom)で大量の写真を一括編集するまで
・印象に残る、流行りの編集方法を学ぶ

 

・Mマニュアルは、初心者のうちに覚えよう
・とっさの撮影でもシャッターチャンスを逃さないA,S,Pの使い方
・写真の明るさの決定の仕方
・デジタル時代のカメラの失敗を知る

 


・構図トレーニング
・レンズワークトレーニング
・カメラを持たなくても出来るイメージトレーニング
・ボケを活かして立体的に表現する
・建物撮影で絶対に柱がまっすぐになるように撮れる方法

 


・動きものの撮影方法。AF方式、SSの考え方、
・プロの90%以上が使う親指AF
・長時間露光や、多重露光などで表現を広げること
・光の見方と露出補正
・自然光を利用した小物撮影を知る
・自然光を利用して、人物を明るくふんわり撮る方法

 


・クリップオンストロボで、ストロボのカリッとした光をなんとかする方法
・オンシューストロボで難しいところ全部の洗い出しと解決方法
・オンシューストロボでスナップ実践
・オフシューライティング(カメラとストロボの距離を離して発光させる)
 オフシューで人物、小物撮影、ネイル撮影などの

 


・イベント撮影実践
・運動会撮影の撮り方
・セミナー撮影の撮り方
・ダンス撮影の撮り方
・集合写真の撮り方で、一目おかれるようになる

できれば、ブライダルの撮り方で、とっさの状況判断能力も高まる

 

 

 

 

イベントカメラマン養成講座で

これらを体系的に学べます

↓↓↓

こちら