室内の子供撮影で、カメラの設定をどうすれば良いかわからないあなたのために!

ご存知ですか?



止まっている人物を、キレイに撮れるようになったカメラマンさんでも

その人物が動き出したとたんに、撮るのを諦めてしまう人が多いことを。

 



でも、人物のイキイキした表情を撮れるのは、実は、「活動している時」

そう、動きまわっている時なんです。

 

0007

 

0006

0008




こうした、動きもの撮影を諦めてしまうカメラマンさんを

あっという間に、動体撮影のスペシャリストになれる方法を、お伝えします!


 




講習会では説明を交え


まずは、歩く姿から撮り始めます。

↓↓↓
お次は走ります。ゆっくりから、どんどんスピードアップ。

↓↓↓
そして、最後は、ダンサーさん登場で踊る姿まで撮影チャレンジ!

===

頭で理解して、

実際に手を動かして進めるので

自分が出来るようになるのを、ハッキリ実感できます!

===

 



徐々に動きものに慣れていくことで

・子供が走り回っているところ
・運動会
・お遊戯会
・ダンス全般


などなど、イキイキと輝く表情を撮り逃す心配が無くなり
動体撮影に、どんどん自信が持てるようになりますよ!


 

 

 

また、動きものを撮影する上で、覚えるととても便利な

【親指AF】

こちらも、じっくりと使っていきます。

 

 

プロの90%以上が使用している、この親指AF

動きもの撮影では、最強・便利な方法まで、しっかりお伝えします~

 

 

 

 

 

 

定員がございますので、お早目に予約するのがおススメ!

 

こちらから、どうぞ

↓↓↓

こちら