集合写真の撮り方~プロカメラマンの撮り方、並べ方

結婚式、音楽発表会、パーティー、ダンスの舞台などなど

集合写真を撮る場面はたくさんあります。

 

その時の撮り方について悩むカメラマンさんが多いですよね。

あまりに、質問が多いので、ちょっとまとめてみました。

0060

 

その1=集合写真の流れ

 

その2=並べ方

 

その3=カメラの設定のコツ

 

その4=トークで場をつなぐ

 

 

その1=集合写真の流れ

 

集合写真は、全てカメラマンが監督となって進める必要があります。

並びを考えるところから、掛け声をかけるところまで、全てカメラマンがみんなを引っ張っていくので、先に全体の流れを掴んでおくと良いかと思います。

 

【集合写真の流れの例】

◆並べる
 ↓↓↓

◆まだ、ざわつく中、さっさとカラうちして、カメラの設定をある程度決める

 また、カメラマンから見て、顔が被る方に、指示して動いてもらう
 ↓↓↓

◆「それではいきます~」と本番撮影
 ↓↓↓

◆撮影しながら再生画面を見て、必要があれば設定調整
 ↓↓↓

◆目つぶりなどあるので、トークで持たせながら、何枚か撮る

 

 

参考までに

実際に、私が結婚式2次会で集合写真を撮るところを動画にしました!

動画画像クリックでご覧になれない方は、こちらをクリックしてください

↓↓↓

こちら

 

 

その2=並べ方

 

集合写真では、最初に、どう並べるか?を考える必要があります。

 

何かのイベントの際は、とにかく皆さんに1か所に集まってもらえば良いかと思います。

この時のポイントは、カメラマンが高い位置に登ること。

 

前列の人にかがんでもらったり、座ったりしてもらい、中間の方には中腰になることで、全体を写しやすくはなりますが、それだけではもの足りない時もあります。

 

特に、結婚式2次会などで撮影する時などは、脚立などを用意して撮ることをお勧めします。

 

 

 

もっとフォーマルに撮らないといけない場合は、こんな感じ。

椅子や、木箱を使います。

 

ステージ撮影の場合など、箱馬と呼ばれる木箱があります。これを使うと、高低差が簡単に作れます。

※ただし、施設によっては、箱馬が有料なところもあるので、注意が必要です。

 

 

10人程度までは1列でいけると思います。その人数を超えた時に、列を作ることを考えると良いのではないかと思います。

 

人数が多い場合は

・1列目=座る

・2列目=膝立ち

・3列目=椅子に座る

・4列目=床の上に立つ

・5列目=箱馬に乗って立つ

など。

当日、いきなりやろうとすると、とてつもなく時間がかかるので、ダンスの発表会などで、集合写真がある場合は、このような見本をダンス教室の先生に見せて、並びを決めておいてもらうのが良いでしょう。

 

 

その3=カメラの設定

 

カメラの高感度化が進んでいるので、最近は三脚を使わなくても良い時が多くなりました。

ただ、カメラマンの見せ方として、三脚を使った方が良い場合もあります。

 

Mモード撮影をするとやりやすいかと思います。

 

多くのネット情報で、F値は8にすると良いと書かれているものが多いのですが、実は集合写真を撮る場面は暗いことが多く、そこまでF値を高められないシーンが多いです。

ですが、F値を高めた方が良いことは間違いではないので、F6.3以上で、高感度ノイズを考えつつ、F値を決めると良いかと思います。

 

また、ストロボを使った方が良いでしょう。撮られる側に撮っても、目つぶりを自覚出来るからです。

 

 

で、ここからが、裏技です。

 

■本番前のカラ打ち

並べている最中に、試し撮影をして、設定をある程度固めてしまうのがポイントです。

・みんなが並び終えて、ハイ!撮りますよ!という前に設定を決めてしまいます。

 

 

 

その4=トークで場をつなぐ

 

シャッターを1回押して、それで終わりというわけにはいきません。

 

シャッターを1回押した後に、想定されること

■誰かが、目つぶりしている可能性がある

■カメラの設定の微調整が必要かも

 

 

そのため、シャッターを2回目、3回目と押すことになりますが、撮影時のみなさんの笑顔を絶やさないように、カメラマンは、次のことに気を遣いましょう。

 

【トークで場を持たせる】

・トークに関しては、面白いこと言う必要はありません。

・話す内容に困ったら、「キレイに撮れてますよ~」だけでもOK

・カメラから顔を離して、被写体になる皆さんに顔を向けなら喋りましょう

・カメラの設定の調整が必要な時は、トークをしながら、設定ダイヤルなど回します

 

 

 

最後に

 

テクニックばかりに目が行きがちですが、一番大事なのは、カメラマンさんが自信を持って、胸を張って撮ることです。

 

多少の失敗なら、Lightroomなどの編集ソフトで修正することも可能ですので、あまり設定を完璧にすることばかりにとらわれずに、余裕をもって撮影に挑むのがおススメです。