ブライダル撮影(結婚式撮影)で失敗するカメラマンさんに共通していること

私が、ブライダルカメラマンとして活動し始めた時の話です。

 

駆け出しブライダルカメラマンのころ、撮影研修にちょくちょく行っていました。

その席で、何名もの駆け出しカメラマンさんと情報交換をするのですが(←ほとんど役に立たない)

「こういう言葉を言う方に限って、けっこう失敗するんだな~」

という印象が、今も強く頭に焼き付いてます。

 

 

その、失敗する方が共通する言葉とは、何だと思いますか?

 

それは、

「マニュアル撮影ができれば大丈夫でしょ??」

です。

 

 

 

意外に感じる方が多いかもしれませんが、ブライダルの現場では、プロカメラマンであっても、Mモード撮影だけで乗り切るのは至難の業だと思います。

 

 

なぜなら、会場の照明や、光の入り方はコロコロ変わります。

止まっているシーンがあると思いきや、いきなり移動したり。

正直、結婚式撮影を初めてやる方は、パニック必須です☆

 

 

 

 

想像してみてください。

披露宴パーティーの入場シーンです。

 

・いきなり会場が真っ暗になります

・披露宴のスタートを知らせる、オープニングムービー上映

・会場の扉が開き、二人が入ってくると、スポット照明

・入口に立ち止まって挨拶

・その後高砂まで移動していく

 

さて、

あなたは、どんな風に、

カメラを設定して撮りますか?

 

000202

 

私の場合、マニュアル撮影だけでは対応しきれないと、諦めました、、、泣

 

いやいや、わたしだけではなく

「マニュアル撮影ができれば大丈夫でしょ??」

そう口にしたカメラマン全てが、その発想を諦めてます。

 

 

結婚式撮影では、カメラが持っている全てのモード使わないと対応しきれないのです。

(1つの会場の専属カメラマンになってしまえば、いつも同じ環境なので、設定値を覚えれるので可能かもしれませんので、その場合を除く)

 

なので、私自身は、このように考えてます

↓↓↓

◇カメラに任せられるところは任せる

 

◇失敗しないために、カメラの動きを常にチェック

 

 

私は、CANONのカメラを使っているのですが、実際に現場では、この辺りを使います

・Aモード

・Sモード

・Pモード

・Mモード

・ISOは、全て手動

・測光モードは、中央重点測光とスポット測光

・ハイライト警告

・ファインダー内で、常にSSをチェック

・ストロボ自動調光TTL

・ユーザー設定

・AFは、AF-C(AI SERVO)、AF-S(ONE SHOT)両方使う

 

CANONをお持ちの方ならご存知とは思いますが、CANONは、ストロボ使用時にISOオートが出来ません。

基本的にISO400固定になります。ここはNIKONと大きく異なる点です。

 

 

 

なので、私がNIKONを使うなら

MモードやAモードのSSの最低速度制限とISOオートの組み合わせメインにして

・Mモード+ISOオート+露出補正

・Pモード

・測光モードは、中央重点測光とスポット測光

・ハイライト警告

・ファインダー内で、常にSSをチェック

・ストロボ自動調光TTL

・AFは、AF-C、AF-S両方使う

じゃないかなと思います。

 

 

 

私の場合、それぞれのモードが「なぜあるのか?」を理解したうえで、頼り切ることにしました。

 

 

■A(Av)モード

F値設定をカメラマンが行い、それは、絶対に保証してくれるモードです。なので、被写界深度の確保をしたい、外観・景色撮影では、Aモードがやりやすいです。

 

 

■S(Tv)モード

SS値設定をカメラマンが行い、それは、絶対に保証してくれるモードです。なので、被写体ブレを避けたい、余興や、入場シーンなどでは、Sモードがやりやすいです。

※CANONの場合、ストロボ使用時にISOオートが使えないので、このSモードが結構頼りになります。

 

 

■Pモード

F値や、SS値を、カメラが自動で設定してくれるモードです。ですので、撮影中に、なかなか設定値が決まらない時に使えるモードです。

屋内からいきなり屋外に出た時、室内がいきなり真っ暗になってムービー上映の時などに使えます!

 

 

■Mモード

F値、SS値、ISOを、カメラマンが設定するモードです。ボケ具合をどうするか?、動きを止めるかブラすか?など、カメラマンが表現したいように表現できます。

ロケ写などキレイさを追求したい時に使います。

 

 

先述の、披露宴の入場シーンですが、こんな感じで対応してます。

あくまでも、1つの方法ですので、参考程度にしてくださいね。

 

 

・いきなり会場が真っ暗になります

・披露宴のスタートを知らせる、オープニングムービー上映

(Pモードで撮ってます)

・会場の扉が開き、二人が入ってくると、スポット照明

(動いて入ってくるのでSモード)

・入口に立ち止まって挨拶

(ISOをおさえるために、Mモードで)

・その後高砂まで移動していく

(Sモード)

 

 

このように、撮影モードを切り替えていきます。

 

 

ただ、そんなに簡単ではありません。それは、、、

↓↓↓

それぞれのモードごとに、使用するISOが異なります。

Canonの場合、ストロボ使用時はISOオートが出来ないので、ISOを手動で設定する必要があります。

各モードとISOの切り替えをするんですよね。

でも、そんな2つの動作をやってたら、一枚も撮れずに、2人は高砂に到着してしまいます。

 

 

 

じゃあ、どうするのか?

 

 

自分の場合、各モードで、だいたい、使うISOが決まっています。

なので、そのモードごとにISOを設定したら、その設定を「ユーザー設定」に登録してしまうのです。

 

こうすることで、1動作だけで、どんどん撮影に対応できるのです。

 

 

具体的にはこんな感じ。

・いきなり会場が真っ暗になります

・披露宴のスタートを知らせる、オープニングムービー上映

(C2)

・会場の扉が開き、二人が入ってくると、スポット照明

(C1)

・入口に立ち止まって挨拶

(Mモードで)

・その後高砂まで移動していく

(C2)

 

 

※C3には、また別のシーン用に設定を入れてあります。

 

000199

 

撮影モード以外にも、カメラに頼り切っているところは多々あります。

 

□ハイライト警告は、瞬時にわかるように設定しています

 

□ストロボは、純正でTTLを活用

↑↑↑

このあたりがわからないという方、あなたのカメラについて解説しているムック本を買いましょう

 

 

0001

 

今回の記事を読んで、頭では、なんとなくわかるかな~と思います。

 

でも、実際の現場では、頭で分かっている程度では対応できないのです、、、汗

 

 

 

そこで!!

実践練習出来る場として、ブライダル撮影講習会をご用意致しました。

 

これは、私が駆け出しの頃に

「こういう場があれば良いのにな~」と考えていたものです。