デジタル一眼を初めて使った人でも、ブライダル撮影できた!

価格.comのとある掲示板で、とても興味深い内容の書き込みがあり

ずっと、注目しておりました。

スクリーンショット (60)

ご興味ある方、ぜひ、ご覧になってください。

↓↓↓

こちら

 

 

この掲示板で書き込んでるA&Sは、=AKIRA SHIMIZU、そう、私です。

 

 


この結婚式会場は、おそらく、みなとみらいにある、大人気の結婚式場~アニヴェルセル横浜だと思います。

私も、ここで撮影したことがあるので、

それなりに、光の状況が変わる環境であることは知っています。

 

 

それだけに

「簡単には撮れそうもないかも。。。」

と、思ってたのですが、いとも簡単に撮ってしまいました。

(実際は、1500枚撮って400枚の出来、また、記録写真95.5%でイメージっぽく撮れたのは0.5%とのこと)

 

 

 


カメラはNikon D810と、レンズは、最新の手ぶれ補正の付いた最新のF2.8通しの標準レンズと、クリップオンストロボです。


初めてデジタル一眼に触れたと言っても、前もって予習しています

また、スレ主さんが、アドバイスしながら撮影を進めたと思います

それを加味しても、

カメラ持って、間もない人が、ここまで撮れる。


ということは、アレですよ。

 


もうね

「結婚式撮って欲しい」と言われたら、

あなたが、胸を張って挑んで良いんです。

だってね

 

今まで掲示板に、「結婚式撮影頼まれました、、、」と書くと
ケチョンケチョンに言われて、その結果、多くの人が
「撮影を断る」
という判断をしてたんです。


もう、そんな心配はいりません。

 

 

ちなみに

掲示板のスレ主さんの設定モードは、こうでした。


=====

◆Aモードで、F値は2.8

◆ISOオート

◆SSの低速限度、1/250

◆AFモードはワンショット(AF-S)

◆半押しで、フレーミングした後、シャッターを押し切る

◆ストロボはバウンスを基本。屋外(もしくは、室内で太陽光が入る)集合写真だけ直射

◆ストロボを発光して明るすぎる時は、ストロボOFF

 

キモは、ここでしょうね

〇シャッターを押してから、再生して確認するようにしてた

〇トータル1500枚撮ってた

〇撮影後に、編集でトリミング・露出を適切に行った


実際にシャッターを押して再生して確認をしてたら、それだけで時間を食ってしまい
1500枚なんて撮るのは、難しいです。

だから、1500枚撮れたというのは、実は凄いことなんです。

 


最大のキモはこれです

◎下見しに、一度、会場に行った

ある程度、会場の状況がわかれば、カメラマンの心の準備も全然違いますからね

=====

 

いずれにせよ

デジタル一眼を初めて使った人が、ブライダル撮影に挑んだ結果

問題なく撮影出来た!

わけです。

 

 

なので、このブログを読んでいるあなたなら、もっと上まで、すぐに行けるというわけです。

もっと上とは・・・??

↓↓↓

◆絶対に失敗してはいけない場面で、しっかり撮る

◆0.5%だったイメージカットを、20~30%にする

それでもって

◆結婚式会場の状況がわかれば、バッチグー!ですよ!

 

 

 

 

というわけで、もっと上に行くために必要な、この3つ

◆絶対に失敗してはいけない場面で、しっかり撮る

◆0.5%だったイメージカットを、20~30%にする

◆結婚式会場の状況がわかれば、バッチグー!ですよ!


これらを、実際の会場で実践撮影できる講座をご用意致しました。


ぜひ、ご覧になってみてください


↓↓↓

ブライダル撮影講習会のご紹介


こちら