ストロボ多灯・ストロボオフシューのためのおススメ機材

クリップオンストロボのスタジオライティングを試したい方に

おススメの機材の紹介です。

 

画像をクリックすると、より詳細がわかるページに飛びます。

ちなみに、数に限りがあったりするので、

「在庫がある時」に買わないと、無くなっちゃうことがあります。

 

 

 

 

【ソフトボックスや、アンブレラ】

 

あると便利なソフトボックス、バストアップには最適

 

◆ソフトボックス(小)

 バストアップなら、取り回ししやすいのは、60サイズ

 60x60cm ソフトボックス Sタイプスピードライト/フラッシュブラケットマウント付き

 

60㎝サイズ

 

 

 

 

◆ソフトボックス(中)

この下の大型のソフトボックスと組み合わせてフィルイン(影消し)に使うなら。

80×80cm 折りたたみ ソフトボックス S型スピードライトブラケット

 

80㎝サイズ

 

 

 

◆大型ソフトBOX=ソフトボックスで全身を撮るなら。

これは、ある時に買わないと、すぐになくなります。

また到着まで1~2か月くらいかかります。

Godox Softbox lighting with Grid Bowens Mount 80X120 cm

 

 

大型サイズ

120×80㎝

 

 

 

 

 

◆アンブレラ

アンブレラ 110cm(43インチ) 黒/白

 

 

 

◆透過タイプのアンブレラは、

ダブルアンブレラの時に使ったものです。

43インチ(110cm)

 

 

 

 

【スタンドと、取り付ける器具など】

 

 

◆ブラケット、その①

 

ソフトボックスにクリップオンストロボを取り付ける部品

アンブレラを使う際にもこれが必要(穴が2つあるのでダブルアンブレラに出来ます)

※先述のソフトボックスに付属している時もあったり、無かったり、、、

 

当然なければSOFTBOXは使えません。

60㎝タイプも80㎝タイプも共用です。

 

もし、SOFTBOX買って、これが付いてこなかったら、単独に買いましょう。

Godox S-type Bracket Bowens S Mount Holder

 

 

 

TOKISTARピゴット

上のブラケット①=Bowens S Mount Holderを使う場合に、必要になるもの。

スタンドと、ブラケットをつなぐのに、必要です。

ヨドバシで買っても同値です

 

 

 

 

 

 

◆ブラケット、その②

 

アンブレラフォルダー

アンブレラだけで使っていくなら、これがあれば、ピゴットも、ブラケットも必要なし。

しかも小さいので、いつでも持ち歩けます。

(穴が2つあるのでダブルアンブレラに出来ます)

 

画像にリンクが埋め込めないので、こちら

100000001001371528_10204

 

 

 

◆おすすめスタンド、その1

 

コンパクトで持ち歩きしやすいのでおススメスタンド。

中身は、銀一のスタンドで結構しっかりして、安めです。

ヨドバシでも、普通に買えます。

TOKISTAR ライトスタンド モビスタンド TS-095-ST

 

 

 

 

◆スタンド、その2

 

少し値が張るけど、軽さを追求したいという方はこちら

上記のTOKISTAR2本の重量と、このナノスタンド3本が同じ重さ。

輸入品のため、為替変動します。

ちなみに、私は超円高の時に3本一気に買いました。

マンフロットのロングセラー品「ナノスタンド001JB」

 

 

 

 

 

【レフ板など】

 

どでかいです~

透過背景や、全身用だったり、紗幕の代わりにもできます

折りたたみ式スタジオレフ板 楕円レフ板 マルチレフ板80 x 120 cm

フンワリ系のライティングをやる時に、けっこう重宝します

↓↓↓

00010004

 

 

手持ちで使うには、ハンドルが付いているレフ板が使いやすい

1灯ストロボの際は、これが、表現の幅を広げてくれます。

50㎝と80㎝と100cmがありますが、ポートレートで取り回ししやすいのは80㎝

レフ板KING製

 

 

 

【背景】

 

上半身だけでOKなら、これがものすごく便利!

リバーシブルなので、

「あ、黒バックしたい」と思ったら、瞬時にチェンジできます。

これも、画像にリンクが埋め込めないので、こちらより

 

100000001002848594_10204_001

 

 

 

 

 

【1灯のオフシューなら、これがあれば充分】

 

※カメラと、ストロボをつなぐためのものです

 

クリップオンストロボとつなぐシンクロケーブル

(ストロボに、シンクロケーブル端子が付いている必要があります)

 

 

もし、カメラ側に、シンクロコード端子がない場合、これを使います

Nikon ホットシューアダプタ AS-15

 

 

クリップオンストロボに、シンクロケーブル端子がない場合は こちらかな、、、

オフカメラシューコード

 

 

 

ラジオスレーブでコードレスを実現

もちろん、Canon以外でも使えます。

単4電池が4本必要になります。

 

 

 

 

 

【多灯にしたい場合】

 

(1)先述のシンクロケーブルなどを使い、マスター機能のあるストロボにつなぐことにより

   その他のストロボをスレーブ発光させられます。

   この方法が安上がりだと思います。

 

 

(2)ラジオスレーブなど使う方法もあります

   詳しく書かれているページがありました。

   ↓↓↓

   こちら

 

 

1灯ストロボ講座の際に、これらの多くを見ることができます。

 

 

 

ご参考までに!