クリップオン1灯ではじめるポートレートライティング講座

1灯だから、すぐり取り入れられる!

すばやくセッティングできて、高い効果が得られる!

 




◆カメラや、ストロボの設定や配置をどうしたら良いかわからない

◆どんな機材が必要かわからない

◆1灯だけで足りる?きれいに撮れる?かが、知りたい

◆1灯でどれだけバリエーションがあるか知りたい

◆クリップオンを買ってみたものの、いざ使うと不自然な感じになってしまう

◆ポートレート撮影を頼まれた時の表現を広げたい

◆ストロボはあまり使っていないので、話についていけるか心配



あなたと同じように、これらで悩んでいる人が
ポートレートライティング講習会を受けて


◎様々なパターンをどんな機材でやっているのか知れて、楽しかった

◎ストロボの向きや、各機材の効果を実践で見て覚えることができた

◎セッティングの理論がわかって、どんな感じで撮れるのかも、すぐに確認出来た

◎ストロボ1つだけでも、ここまで出来るんだという、可能性が広がった

◎先生が気さくで、親しみがもてて、わかりやすかった

◎スタジオでしか出来ないとも思ってたビューティーライティングなどが簡単にできて驚いた


喜んでくれてます。



このセミナーは

■クリップオン1灯で、手軽に実践できる。

■1つの光だけで、様々な光の作り方がわかる

■先生の雰囲気が良く、また、わかりやすい

などという点でおススメです。

 

 

 

クリップオンストロボ1灯で、実際にお仕事で使ったことのある技法で、自分撮りしたものを、少しまとめてみました。

1灯だけでも20近くのやり方がありますが、この辺が、わかりやすいかな??と

 

ちなみに、サンプル写真を撮った時のメイン機材はこちらです。

 

■カメラ:Lumix GM5(レンズは、もともとついてたやつ)

iPhoneで操作して、撮ってます

 

■ストロボ:Canon 600EX-RT

マニュアルで、光量1/2くらいで撮ってます

 

 

で、撮影したものを、Lightroomで軽く編集してあります。

 

 

まずは、フンワリ系。とにかくフンワリ

0001

 

こちらもフンワリ系でも、ナチュラルな感じ。背景にほとんど影が出ないのです!

0004

 

フンワリにも出来るけど、男性写真なので、編集で少しハードに(明瞭度UP)しました。

1灯で髪の毛までキラキラさせられます。

0008

 

 

同じライティングで、明瞭度普通に戻しました

フンワリ系ですが、サイドのハイライトが効いてます。

0007

 

ビューティー系で組むと、、、

0006

 

 

 

 

スポットライトっぽく。苦悩を表現するなど。

0005

 

 

これは、男性向きに使うライティングです

0003

 

 

髪の毛の輪郭が明るくなるライティング

0002

 

けだるい感じに、、、

女性だとセクシーショットに使えますが、、、汗

0009

 

 

ってな、表現が、クリップオンストロボ1灯で出来ます。

 

 

 

こちらの雑誌でも、1灯でした。

なぜかっていうと、鏡の大きなスタジオなので、あまり多く持ち込むと、スタンドやら、ライトやら、写り込みで大変なことになるからです。

000206

000205 

 

まずは、1灯でどこまで表現できるか?を一緒に体験しませんか?という講座をやりますね。

 

 

 

1灯なので、ご自宅に戻っても、再現しやすいです。

 

こちらで詳細ご確認頂けます!

↓↓↓

ストロボ1灯講座