ミニバス・運動会・ダンス・室内で動きまわる人物を撮る。カメラは?設定は?

体育館でのミニバスケ

運動会

室内で動き回る子供

結婚式で入場シーンなど、歩いて入ってくるシーン

 


こうした場面で撮影していく場合に、どのように考えれば良いかを、一度まとめてみました。

 

 

0014

 

 

 

以下の大枠3つに分けて考える必要があります

 


■カメラの設定はどうするか?

■機材はどうするか?

■PC編集

 

こらら3を、これから個々に説明しますね。

 

 

o0600040013038466322


=====

◎カメラの設定は


・動きものピント合わせ

・カメラで動きものの写真表現の設定

=====

 

 

■動きもののピント合わせ

~~~~~

動きもの用に、AF設定を変える

~~~~~

AFは1)ワンショットと、2)AF-CやAI-SERVOがありますよね。

動きものでは、基本的に2)のAF-CやAI-SERVOを使うと楽です。

 


ただし、注意があります。

 

2)は、半押ししている間、常にAFを合わせ続けます。

そのため、AFポイントを被写体から絶対に外してはいけません。

AFポイントから被写体が少しでも外れた瞬間に、ピンボケします。

 

「え、じゃあ、まともにフレーミングできないじゃん。。。」となりますよね?

それで良いんです。フレーミングがままならないのは、撮影後にPC編集でトリミングすればいいだけです。

 

 

~~~~~

AFポイントはどうするか?

~~~~~

カメラの広告を見ると、「AFポイントを、被写体に自動的に追従できるAF性能」とかがあるので、その設定にしがち。

でも、まずは、中央1点で練習しましょう。

また、顔にAFポイントを合わせるのも、最初のうちは難しいので、以下の順番でステップアップすると良いです。

・お腹→胸→顔

 

 

 

■写真表現の設定

~~~~~~

動きものは、SS数値を真っ先に考える

~~~~~~

 

SSをコントロールするには、撮影モードは
S(TV)モードかM

※Sモードでは露出補正までやるがある
※SSを確認しながら撮れるなら、Aでも良い(スポーツカメラマンもAで撮る人がいるので)

 

速く動くものほど、SSが速くなる

・止まっているもの=1/60

・歩いているもの=1/125

・小走り=1/250

・小学生までのかけっこ=1/500

・スポーツ=1/1250

 

SSはあくまでも目安。試し撮りして、ブレてるようなら、もっと速くする。

このSSを速くすると、写真が暗くなるので、ISOとFで、調整します。

 


ISOやFには、限界値があることを知っておきましょう。

◆Fは、レンズによって、下げられる範囲が決まります

◆ISOは、カメラや、撮影環境によって、ノイズの出方が異なります。

 

 

F値の小さい(明るい)レンズが良いのは、このF値に余裕があるから。

 

ただし、F値が小さいとピントの奥行が狭くなるので、
 ・ピントが外れやすくなり成功率が落ちる
 ・複数名同時にピントを合わせる時は、F値を上げる必要がある

 

そう考えると、運動会とかなら、キットレンズ、ダブルズームレンズとかで充分です。

 

 

ISOは、今のカメラはビックリするくらいISOを上げられます。

2016年後半から2017年に買っている方は、ISO6400くらい気にせずに使いましょう!

もし、「そんなのノイズが心配じゃないですか!」と思うなら、実際にISO6400で撮って、印刷テストしてみてください。

 

カメラはあなたが思うよりも、はるかに進歩しています。

 

 

 

o0640042712990410548

 

■カメラ機材については、このあたりを

=====

◎カメラ機材

 

◎レンズ
・焦点距離

・F値

・ピントの正確性

・AFの速度が速いか

・室内だと暗いところでも対応できるか

=====

 

 

◆カメラ

 

※カメラに関して、批判を言われる覚悟で、言いますね。

 動きものを、あらゆる場面で撮るのなら、現時点(2016年3月)では、Canon、Nikonのレフ機にしましょう。

 正直、この2つのメーカーの「一眼レフ機」なら、エントリー機でも撮れると断言します。

 エントリー機であっても、動きものは、ミラーレスよりも上なのです。

 

 

※ストロボは、いろいろ覚える必要があります。いずれ買いましょう。

 使えるようになると、とても頼もしい機材です。

 ストロボの使い方は→こちら

 

 

◆レンズ


では、レンズの話です

 

かならず、このセオリーを忘れないでください

 ・まずは、キットレンズで試してみましょう。

 ・で、ダメだ~と思ったら、レンズが悪いのです。

 ・あなたも、カメラも悪くありません。レンズだけが悪いのです

 


◆焦点距離

~~~~~

使うシーンで焦点距離は違う

できれば、レンタルレンズで試すと、お金の無駄遣いが防げます

~~~~~

 

・35㎜換算です。APS-Cは、1.5~1.6倍して考えてください。

 室内の小部屋なら60mm以内の焦点距離が使いやすいかと。
 
 逆にスポーツシーンは135~200㎜以上の望遠が良いと思います。

 これは環境によって、マチマチなので、レンタルレンズで試すのが良いです。

 

 

 

 

 

 

◆F値
~~~~~

明るさだけでなく、ピントの奥行もあるので
やみくもにF値が小さければ良いわけではない

~~~~~

 

 失敗の許されない場面で、確実に撮る
 =F4以上(APS-CならF2.8でもいけるかな?ピントの正確性の項目も見て)
 

 フルサイズで、かけっこの子供たちみんなの顔がわかるように正面から撮る
 =フルサイズならF5.6以上(APS-Cなら、F4以上かな)

 

 これは、考え方でもあるので、あくまでも参考程度に
 また、フルサイズはAPS-Cよりもピントの奥行が狭いので、よりシビアになる

 

 

 


◆ピントの正確性

~~~~~~

純正と、他社レンズでは、ピントの正確性に差がある

~~~~~

 

 この点でメーカー純正レンズは高価です。

 しかし、純正レンズは、売る時も高く売れます。

 

 なので、実は割安なのが、メーカー純正レンズです。

 

 

 

◆レンズのもつAF速度も大事

~~~~~

動きの速いものを撮る場合は、レンズそのものの持つAF速度が大事

~~~~~

 

 レンズのAF調整に使われるモーター、例えばCanonならUSMのものが良いです。
 スポーツではUSMでないと、AFが間に合わないことが多くなる

 

 

 

 

 

◆暗いところでも対応できるF値

~~~~~

動いているものを撮る場合、SSを上げるためにISOが限界値に達しやすいので
小さいF値に出来るレンズである必要がある。

~~~~~

 F2.8は、キットレンズよりも断然暗いシーンで使えます。
 より暗いところだと、F2や、F1.8、F1.4が良いです。

 

 

o0800053312981896760

 

 

■PCで編集すること

 

=====

◎PCで編集
  

※デジタルになった今では、ここまでが撮影と言われる


・RAWで撮れば、一歩秀でる

・トリミングも撮影の一つ

=====

 

 

◆RAWで撮って、一歩秀でる

~~~~~

この写真うまいな!と思った写真は、かならず編集されていると思いましょう

何が出来るかを知って、ぜひチャレンジして欲しいです。

~~~~~

 

RAW撮影の敷居を高く感じることが多いですが
単純に写真を整える、最終調整できる作業だと思えば良いです。

 

・ホワイトバランスが簡単に直せる

・明るさの調整が可能

・絵作りを変えられる

・鮮やかにすることが出来る、モノクロも出来る

・ノイズが低減出来る

 


出来ることはソフトによって差があります。

Canonの人は、DPPがとても優れてて、無料ですので、絶対やって欲しい

月々980円で使えるLight roomもおススメです。

 

 

 

◆トリミングも撮影の一つ

~~~~~

動きもののAF設定ではフレーミングがうまく出来ないので
トリミングを利用して、フレーミングを整える

~~~~~


カメラのAFの設定でも書きましたが、AF-CやAI-SERVOにすると
AFポイントから被写体を外せなくなるので、フレーミングが出来ません。


そこで、トリミングによって、最後に写真を整えます。


CanonならDPPで出来ます。
もちろん、Light roomでもできますよ。

 

 

dance0016