3つの要素をいかに組み合わせるかが、一眼カメラのキモ

デジタル一眼を購入してから今まで

ずっと悩んできた設定方法が、

これですっきり、理解できました!

 

image6

 

静止物を撮るために、こんなことを覚えてきました。

 

カメラを講習してから、こんな感じで覚えると、早く身に付きます。

それぞれの題名クリックで、そのページに飛びます

↓↓↓

カメラを購入したら、最初は、こうやって覚えって行こう


スマホアプリのように、デジイチ画像を、PCで編集


カメラの覚え方~重要な要素は3つだけなんです


3つの要素をいかに組み合わせるかが、一眼カメラのキモ(←今読んでいるのは、このページ)


FとSSとISOの関係、Mモード、完璧に覚える方法

 

 

 


「コンパクトデジタルカメラや、スマホと比べ、ずっと綺麗な写真が撮れるはず」
そう期待して、デジタル一眼を購入してきた方は、たくさんいます。

私も、かつては、その1人でした。

 

今まで、カメラをやっていて、以下のような経験をしたことはありませんか??

◆スマホの方がキレイに撮れると言われた

◆カメラの設定方法が全然わからない

◆逆光で撮ると良いと聞いたけど、いつも真っ暗になってしまう

◆うまく撮れないんだけど、もっと高いやつ買わないとダメかな??

◆大事な友人の結婚式で撮ったけど、ほとんどブレブレで、ショック!

◆料理を美味しそうに撮る方法がわからない

◆ネットショップ用の商品写真がうまく撮れない

◆夕日がイイ感じに撮れない

◆思った通りに撮ることが出来ない

 


そう悩んだあなたは、周囲にいる友人に相談するかもですね。

 

でも、友人も、相当カメラに詳しくない人だと、こんな風に言うかもしれませんね。


・カメラが入門機だから、仕方ないんじゃない??~
・レンズにもっとお金かけないとなんじゃない??~

 

そう聞いて、あなたは、

「え~、さらにお金かけないとダメ??」と、

あきらめモードに入るかもしれません。

でも、ちょっと待ってください!

 

 


実は、その悩みは、カメラの設定方法を、しっかりと覚えることで、簡単に乗り越えられるようになります。

しかも、カメラの設定方法で覚えることは、たった3つの要素の働きだけ。

 

この3つを正確に覚えれば、先ほどの悩みが解決し、写真がうまくなります!!

 

 

 

 

 

 

 


で、元の記事に戻りますが、、、

 

3つの要素とは、前にも書きましたね。
↓↓↓
こちら


その3つの要素とは

◆SS=シャッター速度

◆F=レンズ絞り値

◆ISO=感度

の3つだけ

 

 

この3つのうちの一つ一つが、カメラにどんな影響を与えてくれているのか?

以下にまとめました。

SS
・動きの表現
・明るさの調整


F
・ピント幅でクッキリか、ボカスか?
・明るさの調整


ISO
・主に明るさの調整
・無理に明るくするとノイズが出る

 

撮影時に、この3つが組み合わさって、写真が出来るのです。

注意としては、撮影時には。どれかを差し引くことは絶対に出来ません。

必ず、3つを使わないといけないということです。

 

 

 

この3つの組み合わせを理解すると、表現が一気に広がります。

 

例えば、今まで逆光で、暗くなってしまったこんなシーンでも、こうやって撮れます

0123

 

動いている被写体を、しっかり止めることも出来ます

0039

 

さらにストロボを組み合わせる表現も、意図したとおり出来るようになります

yahoo011

0007

o0600090013056272479

 

 

◆SS=シャッター速度

◆F=レンズ絞り値

◆ISO=感度

の3つの要素だけで、本当に撮れます。

 

しかも、

エントリー機でも

キットレンズでも

綺麗に撮れます。

 

 

 

 

 

 

 

◆「Aモードとかで撮れば、別に3つも細かく覚えなくて良くない?」

最後に、こんなことをおっしゃる、少しベテランの方にも。

 

カメラマンの70%は、Aモードと呼ばれる、F値を意識した撮影をすると言われています。

ですので、「なんでもAモードで良くない?わざわざ3つなんて意識しないよ」と思うかもしれませんね。

 

わかります、わかります!

私も、そうだったから、わかります。

 

 

でも、こういう疑問は持ちませんか??

「Aモードを使っている時、ISOは、どうやって決めるのか??」

 

 

わかりますか??

意外に答えられないベテランさんも多いかもしれません。

 

 

ずばり、答えは、こうです

Aモードでも、SSを確認して、ISOを決める

 

 

Aモードでも、はたまた、Pモードでも3つが必要です。

ですので、3つの関係をしっかり理解すると、それぞれのモードの操作性が抜群に良くなるんです。

 

 

 

 

 

こういった利点があるので、初詣で

「もっとカメラがうまくなりたい!」と願う方は

SS
・動きの表現
・明るさの調整


F
・ピント幅でクッキリか、ボカスか?
・明るさの調整


ISO
・主に明るさの調整
・無理に明るくするとノイズが出る

 

これらの役割と、また、これら3つを組み合わせることについて

ぜひ、理解しましょうね~☆

 

 

急いで、効率的に覚えたい方には、こちらをご用意致しましたので、ぜひお役立てください。

↓↓↓

こちらで

FとSSとISOの組み合わせを

一気に覚えられます

 

 

 

カメラを講習してから、こんな感じで覚えると、早く身に付きます。

そんなテーマで書いてます。

それぞれの題名クリックで、そのページに飛びます

↓↓↓

カメラを購入したら、最初は、こうやって覚えって行こう


スマホアプリのように、デジイチ画像を、PCで編集


カメラの覚え方~重要な要素は3つだけなんです


3つの要素をいかに組み合わせるかが、一眼カメラのキモ


FとSSとISOの関係、Mモード、完璧に覚える方法