【お悩み】オフシューでストロボを光らせたいのにラジオスレーブが上手く使えない

ストロボオフシューの際におススメしている安価で便利なストロボとラジオスレーブ。ですが、それが上手く使えないというご相談が時々あります。ですので、その対処法や、正しい使い方を解説します~!

 

正解はこちら

最初に正解をお見せします

これです!

 

横からも見ましょう。

スイッチの位置は、カメラ側も、ストロボ側も、どちらもTRXで良いです。

特にストロボ側は、中間のTRでは、ストロボは光りません。

 

 

 

失敗例

それでは、よくある失敗

 

カメラに逆に付いている。

付けれちゃうから、間違えちゃうんです。

 

 

ストロボに逆に付いている。

こっちでも付けれちゃうんです。

 

笑っちゃだめよ!

ほとんどの方がこれで間違うんです。

 

実際に、最近のご相談でこういう事例がありました。

■ストロボに取り付ける向きが逆

■スイッチが中間のTRになっている

 

 

それでもダメな時

 

◆チャンネルは正しいか?

 

ラジオスレーブの電池の入り口に、小さく数字が割り振られた、4つのクリーム色のレバーがあります。

 

これ、チャンネルです。

これを合わせてないと、同期しません。

 

なので、買ったセットのレバーの位置が同じかも確かめてくださいね。

 

 

 

◆ストロボの設定に間違いは無いか?

NeewerのTT560は、とても単純な操作性を持つストロボですが、ここだけは注意!

この写真で、Mのところが明るくなっているのがわかりますか?

 

MODEボタンを押すと、M→S1→S2→M。。。と切り替わります。

これを、Mにしましょう。

 

ちなみに、それぞれの意味はこれ

・M・・・単体で発光

・S1・・・他のストロボの光に反応して同調発光

・S2・・・他社のTTLストロボと一緒に使う際に、プリ発光に反応せず、本発光に同調

 

 

 

ラジオスレーブは、どの機種でも使えるの?

 

Amazonで多く売れているのはこちら。

 

Canon用とかあるけど、Nikonでも、他のメーカーでも使えます

 

 

Nikon用とかあるけど、Canonでも他のメーカーでも使えます

 

だから、とにかく買っちゃうと良いんです。

メーカー関係ないので。

 

 

Sonyの方は注意があります

 

あ、ただ、これは例外です。

※Sony専用の端子形状になっている「ストロボ」には使えません。

 Sonyのα7、α9、α6000系のカメラには取り付けられますし、使えます。

 ただ、Sony専用のTTLがある、複雑な端子がむき出しになっているストロボには使えません。

 

※こうならSonyカメラでも使えます

Sonyカメラ=ラジオスレーブ~~~ラジオスレーブ=汎用端子形状になっているストロボ

 

※お試しで使うストロボでおススメはこちら(TT560:TTLは無いですが、おススメの汎用ストロボです)

 

 

ストアカ
 
 

踊るカメラマンAKIRA (しみずあきら)

PhotoFan