趣味ではじめたカメラが、こんなにも人生を変えるとは、、、

その趣味は、あなたを強くしてくれますか?

カメラは、あなたを強くしてくれるかもしれません。

 


いろいろと、カメラマンの考え方や、撮影テクニックについてブログを書いている私ですが、かつては、ごくごく平凡なサラリーマンでした。

 


会社での仕事も、30代まではバリバリやってましたよ~。

ガムシャラにやっていて、それなりに忙しくて、それで1日が終わって。

必死にやっているので、それなりに充実感があったんですよね。

 

 


でも、40歳くらいになると、仕事の要領も良くなるから、少し手が空き始めるんです。

その少し空いた時間で、ふと、こんな風に考えるように。

「今後、会社で、自分はどこまでなれるのか?」

とか。

 

 

「自分ってこの程度しかなれないかな、、、」

とかが見えてくると、とたんに諦め感が襲ってきて。

街中を歩く、年配のサラリーマンを自分に照らし合わせてみて、

「俺はこのままで良いのか?」なんて考えたり。

 

 


とたんに自信を失い悩む日々。

 

ただ会社で時間を費やして家にお金さえ入れて入れば、それはそれで奥さんも満足かもしれないですけどね。

でも、自分の中には

「もっと自分には何か出来るはずなのに、、、」

みたいな、もんもんとしたものが、いつも頭の中で渦巻くのです。

 

 

家では子供に、「しっかり勉強しろ~」とか、口うるさく言うんですけどね。

「せっかく始めたダンスやめちゃダメだよ~」とか
「夢を諦めちゃダメだよ~」とか。


そんなこと、言ってるだけど、なにか、ふと矛盾を感じたり。

 

 

そして、自分に自問自答するんです。

「自分はどうなんだよ」って。

 

◇◇◇

 

 

カメラはたまたまだったかもしれないけど、なんかハマったんですよね。

「あ、面白い、好きだな~」って。

 

だから、やり続けたいと思ってきただけのこと。

きっかけは、そのくらいのものでした。

 

 

とはいえ、カメラはお金がかかる趣味じゃないですか。

なので、家族の反対を受けるんです。

 


奥さんから

「こんなにお金かけて、プロになるわけでもないのに~」と

小言のように、たびたび嫌味を言われるんですよ。

 


でも続けたいから、「いや、少しは稼げるようになれるよ」とか反論したりして。

 

 

実際に稼げるようになったのは、たまたま運が良かっただけのこと。

 

友人が勤めていた会社で写真を販売システム始めるからと、カメラマンのモニターを探してたから、無料でシステムを使わせてもらえたんですよね。

 

これが無かったら、写真を売るなんて出来なかったかもって思います。そのくらい運が良かった!

 

 

 


その後、写真サークルなどもやるようになって、どんどん人が集まるようになって、いつの間にか、自然と大勢の前で話したり。

趣味のカメラを通じて、知らず知らず、いろんなことが身に付いたわけです。

 

◇◇◇

 


ある時、会社の得意先から、依頼を受けたんです。

「おたくの商品を扱うかどうか検討してるんだけど、営業所の所長たちの前で説明してくれないか?」

 


この、大勢の前での商品説明をする時に、たまたま、時間が空いたからと社長が様子を見に来たんですよね。

会場はビックリするくらいの人数。あまりの人の数に、社長も、落ち着かない様子。

 

でも、自分は、写真サークルで、いろいろ世代の方たち、大勢の前で話をすることに、すっかり慣れていたので、サラッとこなしたんですよ。

 

しかも、説明した商品を大々的に取り扱ってくれることになって。

 

 

この状況を見て、社長がえらく感動したんですよね。

そうしたら、どんどん、状況が好転していったんです。

 

 

趣味のカメラが、会社員時代の、もんもんとしていた自分を救ってくれた瞬間でした。

 

 

カメラマン活動に専念している今の自分。

まだまだ、成功と言えるものではないんですけどね。




ただ、ガムシャラにやっている30代以前の自分のようで、日々充実しているのは確かですよ~。

 

 

◇◇◇

 

カメラ教室では、多くの前で喋ったり、プロカメラマンとしても日々ライバルと戦っているから、すごく見えるかもしれないのですが、今でもごくごく平凡な人です。

 

カメラだって、自分よりも上手い人はたくさんいると思ってます。

 

 

でも、

「どうやったら、この好きなカメラを続けられるか?」

という、この「考え方」は、散々考え抜いてきたので、ここで培ったノウハウは、自分にとって強力な武器になっています。

 

 

 

「カメラなんて、たかが趣味じゃん」

世間ではそうバカする人は多いかもしれないけど、

「本気で取り組む事で、人生は大きく変えられる」

ということを、自分が見本になって、一人でも多くのカメラマンさんに希望を感じてもらえるようになれたらと思ってます。



ちなみに、好きなカメラを長く続けるために、どんなことを考えていくことが大切なのか?


自分が身につけた武器を知りたくないですか?

 

 

 

 

そう思ったら、PhotoFanのサークルでもいいし、ワンコインレッスンでもいいし、講座でもなんでもいいので、ぜひ参加してみてください。

きっと、空気でわかるかもしれませんね。

 

 

4月に、ワンコインで桜撮影会やりますので、よかったら、お越しください~

 

↓↓↓

これからのイベント情報など、こちらに掲載してます

こちら