誰もがぶつかる「ボケすぎて困る」という時の対処法

「とにかくボカしたい」

そう思って始めたデジタル一眼カメラ。

 

 

しかし、一方で、きっちり撮りたいのに

「ボケすぎて困る」

という声も。

 

 

 

私のところに寄せられるご質問も、このボケ過ぎて困るということが多くございます。

きっとあなたも、この壁にぶつかるかもしれないので、一緒に解決するつもりで読んでいただけたら幸いです。

 

 

◇◇◇


実は、私も、ブライダルカメラマンとして撮影仕事を始めた時に

ボケ過ぎには悩まされました。

 


特に悩まされたのは、結婚式での小物撮影です。

集合写真など、大人数を撮る時は、必然的にF値を上げるという意識が出るので、心配はあまりありません。

 


しかし、リングピローの上に並んだリングを撮る時などは、悩みました。

 


最初の頃は

「とにかくボカせば、喜ばれるだろうな」

という考えで、F値を一番小さくして撮っていたのですが、1つのリングにピントが合うと、もう1つのリングと、ピローがボケボケ。

 

実はリングピローって、新婦のお母さんがつくったりするんですよね。なので、リングとピローまでピントを合わせたい。でも、フンワリ感は出したい、、

そこで、F値を変えながら撮り比べたところ、無難なところは、F5あたりかな~と感じてます。

 

 

 

▼F5です

 

 

▼これもF5かな

 

 

▼これ、F8ですが、奥がそうとうボケてるのわかりますか?

 

 

◇◇◇

 

そうそう

知っていますか??

 


「ボケすぎた~」と思われる写真の原因の多くは、実は「手ブレ」だということを。

 

手ブレにより生じる細かいブレによって、ボケて見えてしまうということが多いのです。

多くの方のお写真を拝見してきましたが、ボケのお悩みの原因は、ほぼ「手ブレ」だったのです。

 


私も、手ブレを完全に止めるほどの自信がないので、前出のリングピローは、標準レンズにもかかわらず、SSを1/125にしています。

 

※私の標準レンズ=24-70なので、教科書通りに考えると、手ブレを止める=1/焦点距離なので、1/80あれば充分なハズなんです

※高画素化・高解像度化がどんどん進んでいるので、ほんのわずかなブレが、ボケに見えやすくなるようになっています。今後、より一層気を払う必要があると思います。

 

 


◇◇◇

 


それと、ピントをどこに合わせたら良いのか?を悩む方も多いです。

 

これは構図と共に悩むところなので、簡単には解決できないところなのですが、ヒントになるものとして、目線誘導を知っておくと良いかもしれません。

 

人の視線は、写真のようなフレームの中でも、ど真ん中から見ているわけではないんですよね。

 

一番先に目が行くと良く言われるのは

①人の顔

②一番手前にあるもの

③3分割されたあたり

 

 

ちょうど、そのことを記事として書いている方を見つけたので、そのページを貼っておきます。

↓↓↓

こちら

 

 

とにかく、ピント位置については、カメラマンさん自身も、撮影している時でも悩んだりするものです。

ですので、これを解決するには、「同じ構図で1枚だけしか撮らない」というのをやめて、その構図のまま、ピント位置を何カ所か変えながら5~6枚撮って、後で見比べるのが良いかと思います。

 

 

一番先に目線が来るところのピントがバッチリあってると、不思議と、他のところのボケが気にならないこともあるのです(脳が錯覚を起こしていると言われます)。

 

 

 

◇◇◇

 

では、まとめです。

 


ボケに悩んだら


(1)F値をあげる

(2)手ブレを疑う

(3)ピントをいろんな位置に変えて何枚か撮る

 

 

 

◇◇◇

 

 

~写真で、あなたと、世界をハッピーに!~

PhotoFanの講座の最新スケジュールです(2017年2月9日現在)

 

【残席わずか】3月スタート=イベントカメラマン養成講座【あなたの写真の価値を高めます・稼ぎたい人にも】@東京

 

【満席】2/25=2初心者でも2時間で動体撮影が得意になる【動体初歩~親指AFまで】@名古屋

 

【満席】2/25=簡単&使えるストロボ技☆クリップオンでプロの様に【オフシュー】@名古屋

 

■3/5=簡単&使えるストロボ技☆クリップオンでプロの様に【オフシュー】@東京

 

■3/5=クリップオンストロボ1灯ではじめるポートレートライティング講座@東京

 

■4/2=桜ライトアップでイルミネーション夜景ポートレート撮影講習会@東京

 

■4/8=2初心者でも2時間で動体撮影が得意になる【動体初歩~親指AFまで】@東京

 

■4/8=ダンスの発表会で、しっかり撮れる&ダンサーに喜ばれる撮り方教えます@東京

 

■6月=ダンス撮影講習会を札幌で開催予定(現在企画中)