好きなカメラを仕事に出来ますか?

実は、この悩みを持つ多くの方が

30~40代だったりします。

 


それはなぜかというと

 

1、そもそも、カメラは、
  機材を揃え、維持していくためにお金がかかるので
  経済的に余裕が持てるようになった30代から
  カメラをスタートすることが多い

 


2、ライフサイクルで、子供が生まれたことをきっかけに
  カメラを始めることが多い。

  次第に、画質を良くしたいという欲求が生まれて
  高価なカメラに買い替えるのが30代が多い

 


3、会社での仕事にも慣れたり、一段落して自分のことを
  考え直す時期が30~40代。

  その時思考をしている時に、本当に自分が好きなことが
  分かることが多い

 

 


とはいえ、いざ「カメラマンになりたい」という気持ちが芽生えても

30~40代は、会社から見ても中核だし、家族がいる人なら、大事な稼ぎ頭ですよね。

 


「今から会社を辞めて、カメラマンになるなんて、、、」と諦めとともに、道を閉ざしてしまうことが多いのです。

 

 

 

 

 


でも、諦めかけたあなたに、

「会社をやめる必要は、まったくない」

という選択肢があったらどうでしょう??

 

 

むしろ、金銭的な心配をせずに、「自分の写真の価値を試すテスト期間」として、会社員であるメリットを活かすことも出来ます。

 

いやいや、そうは言っても、副業がバレてしまわないか?と、心配する人もおりますが、そこにはちゃんと裏技もありますからね。

 

 

 

 

好きを仕事にすることに必要なこと。

私も、ネットや、本やら、いろんな人に聞いて回りました。

 

そして、必要なことは、これだとわかりました!

 

ズバリ!!
「そこに向かって行動していくこと」

 

 

 

 

 

とはいえ、

・その行動方法がよくわからないので動き出せない

・動き出すにしても、すでに年齢が行ってるので遠回りをしている時間はない


そんな不安も生じるかと思います。

 

 

 

そんな不安を取り除くのには

・同じ境遇で実際に踏み出した人を参考にする

・客観的にあなたを導いてくれる人に助言してもらう

が、一番おススメです。

 

 

 

とはいえ、同じカメラマン。
みんなライバルだと思っているので、簡単に経験談を語ってくれる人は居ません。


また、助言を受けるのだって、誰に聞いたら良いものか、、、

 

 

 


私も、ず~~~~~っと悩んで来ました。

だから、悩み続ける、あなたの気持ち、痛いほどよくわかります。

 

 


そこで、この

・同じ境遇で実際に踏み出した人を参考にする

・客観的にあなたを導いてくれる人に助言してもらう


という場を作ることにしたのです。

 

 

 

※去年は、こんな感じで「お年玉企画」やりましたね

0013

 

 


◆主婦から人気カメラマンになった女性カメラマン。強みと、ハッタリを活かして勝ち抜く方法

(PhotoRuno代表:るみの先生)

 


◆志のある起業家を育てるスペシャリスト。起業家育成「立志塾」の代表による、好きなことで稼ぐ方法

(立志塾代表:坂本先生)

 


◆40代からカメラマンになった、目からウロコの思考法と、自信を生み出す方法

(PhotoFan代表:AKIRA)

 


実際に、もがき苦しみながら、成功のかけらをつかみ取ってきた実話の数々は、絶対にあなたのお役に立てるはず!!

 

 

 


2017年、お年玉企画としてご用意致しました。

好きなカメラを仕事に出来ますか?

その答えを、このチャンスに、ぜひお持ち帰りください!

 

 

1月8日東京国際フォーラムで開催
↓↓↓

残席わずか!!

お年玉企画の申し込みは、こちらです

 

 

 

※新年会(懇親会)も、当日の夕方にございます。

上記講座にご参加されてない方でも、直接講師や、タクマクニヒロさんと

お話しするチャンスがあります。合わせて、ご参加ください。

 

銀座LION銀座インズ店:参加費当日4000円です(食事あり・飲み放題)

(35名まで)

↓↓↓

新年会のお申し込みはこちら