天候や昼夜に左右されずに、プロフィール写真や料理写真を撮りたくありませんか?

知っていますか?

雨でも夜でも、室内で自然光を使ったような写真を撮る方法があることを。

 


◆【雨でも、撮らないといけない】


「うちの会社の社員の写真を撮って欲しい」

 

会社からの依頼の場合は、社員さんの都合などあるために、雨だからといって、日程変更は出来ません。

ですので、基本的に室内で撮れるようにしておいた方が良いです。

 

室内での撮影ですから、人物を魅力的に見せる光は、ストロボに頼る必要があります。

 

 

 

◆【夜でも撮らないといけない】

 

「営業終わった時間に撮って欲しいんだけど」

 

食堂のメニューなど、運良く昼間に撮れると良いのですが

お客さんでにぎわう時間に撮ることは出来ません。


だとすると場合によっては、日が落ちた時間に料理を撮ることになります。

そんな時は、料理を美味しそうに見せるために、ストロボの光が必要になります。

 

 


◆【ストロボが使えないなんて、プロなんだからなんとかして欲しい】


「雨だから、撮影日程を変えさせて欲しい」。

「昼間のお客さんのいる中で撮影させて欲しい」。

もし、あなたが誰かに撮影を頼んだとしましょう。

その時に、カメラマンさんそう言われたら、どう思いますか?

 


「プロなんだからなんとかしてよ~」と思いませんか?

 

そうです。プロなんだから、ストロボでなんとかしましょう!

 

 


◆【実は、使うストロボは1個だけでいい】


ストロボ苦手だな、、、

そう思っているカメラマンさんは多いです。

ですが、

◎ストロボは、クリップオンストロボでOK

◎ストロボは1個だけでOK

◎ストロボで自然光そっくりの光を作り出す


これだけで良いのです。

 

私の手ですが、ネイル撮影頼まれたら、簡単にこう出来ます。

 

商品とかは、こんな感じ

 

ポートレートは、こんな感じや

 

こんな感じも

 

 

これだけで良いので、あとはカメラマンさんのやる気次第!

すぐにストロボの使い方を習得できるようになることでしょう。

 

 

 

◆【ストロボ1灯を活用する方法は、早めに学んでおこう】

 

いつ依頼が来ても、自信をもって、「やります!」と言いたいですよね。


お仕事にも使えるストロボ1灯の使い方を

いち早く、学んでおきませんか??

 

 


ストロボ1灯で撮れる
お料理や、雑貨、アクセサリ、ネイルなどの撮り方
↓↓↓
こちら

 

 

ストロボ1灯で撮れる
プロフィールの撮り方
↓↓↓
こちら