売ってみなけりゃ、始まらない!写真で稼ぐカメラマンのススメ

写真で稼ぐために、いくつか、自分なりに、大事だと思ったことを書いてきました。



再度、おさらいです

↓↓↓

※クリックすると、そのページに飛べます



1)知り合いに売るのが気が引けるなら、
  知り合いに売らなきゃいい



2)自分の好きな世界で、
  他人を喜ばせることが出来る写真を売る





とにもかくにも

「売る」

ということをやってみなきゃ始まらないと思います。








ちょっと話がそれますが、ムツゴロウ王国のムツゴロウさんが、ある雑誌のエッセイで、こんなことを書いてました。

ムツゴロウさんは、大の競馬好きで、よく、競馬のことをエッセイに書いてました。



その時に読んだエッセイも、ある読者に向けたものです。


確か、こんな文章だったような。。。
↓↓↓
~~~~~~~~~~~~~~~~

競馬で、お金をかけずに、予想して、「おお!自分には競馬で勝てる才能がある」とか言ってるのはダメです。

お金をかけないのだとしたら、本当の競馬のことなんて、わかるわけないんですから。

お金が絡んだことでわかる、人間のいやらしさを感じないで、競馬は語れないです。


~~~~~~~~~~~~~~~~


このムツゴロウさんの話にもあるように、お金を介在させるということで、本質が見えてくるものってあるわけです。








強引な文章の流れにしておりますが、、、、


、、、そうです。

ようやく結論に!



写真も、お金を介在させると、ぜんぜん変わります。

あなたの写真がお金に変わる瞬間、あなたには、見えてくるものがあるのです!!






信じられますか??

あなたが撮った写真にお金を出す人がいる。

しかも、お金を出してもらってるにもかかわらず、あなたは、感謝される。






カメラマンとしても、

お金を払ってもらえるように

撮る

編集する

提供する

ことに、今まで以上に、シビアに、全力で取り組む気持ちになります。






私自身が経験したことですが、
「売る」ことを体験したカメラマンは

撮る

編集する

提供する

これら一連のレベルが飛躍的にアップします。

というか、レベルをアップさせないわけには、価値が生まれないと、感じるからなんですけどね。




こういう理由により

写真を売った経験のあるカメラマンと

売ったことのないカメラマンの差は

ものすごく広がります






もし、あなたの身近で、ベテランカメラマン風な方がいたら、聞いてみると良いと思います。

「写真を売ったことって、あります!?」って。



無いと答える人は、なぜ無いかの理由を、くどくど喋ると思います。

でも、あなたは、ニヤニヤしながら、その言い訳に付き合ってあげましょうね☆



で、その方よりも先に、稼ぐことを体験できるよう、目指しましょう!









この売るという方法。

効率的に行う方法を、ダンス撮影講習会では、付録資料として、受講生に提供しています。

受講生からは、「絶対に、ブログに書かないでください!」と念を押されているくらいの情報なので、これ以上かけません。



また、ダンス撮影講習会を受講した後に、有志で参加できる、「現場同行」でも、お金を稼ぐ体験が出来ます。






これ以上かけない、、、






でも、気になる方は、よかったら、ダンス撮影講習会に参加してみてくださいね。




詳細は、来週UPしますが

2015年4月18日

ダンス撮影講習会やります!!


↓↓↓

今は、まだ、軽くしか書いてません
コチラ



※ダンス撮影講習会参加者さんは、マニュアル撮影モードが必須です。
 以下の教材で、マニュアル撮影モードが短時間で覚えられますよ!
↓↓↓

カメラ未経験者が1年でプロになった!?
その驚きの上達法を教えます


パソコン画面を撮影して覚える斬新な学習法
思い通りの写真表現をしている人だけが知っている法則を
短時間で使いこなせるようにします


マニュアル撮影モードもあっという間に身に付きます!

↓↓↓
コチラ