写真を売ることを悪いことだと思っているあなたに

「知り合いに、写真なんて売れないよ!」
「守銭奴って、言われかねないし」





写真を売ろうとすると、特に身内の方に非難されるはず。

奥さんには、

「ママ友に何言われるかわからないし、、、」

などなど。







これ、商売に似てます。

友人に値引きせずに売れない。
でも、それじゃ~商売は続かない。





自分もそうでしたし、今でもそうです。

知り合いには、売れません。

友人相手は、無料か、受けないかです。







例えば、料理教室などをやっている方が
お友達相手に教室をやってると、売り上げが上がらずに悩みます。

じゃあ、どうするか?というと、ビジネス的には





(後半に続く)






友人以外の人に教室に来てもらうようにするのが

解決法の一つだそうで、、、








あと、面と向かうと、ついつい値段を下げてしまう癖があるなら

対面販売をしなければイイ

というわけです。








写真を販売するもの、ビジネス発想が必要です。

自分も、悩みになやんだ挙句に、こんな仕組みを作り出しました

==========

■友人以外に売れるようにする

■対面販売でなくても良い方法

==========






これだけで、自分は、写真販売を始めることが出来ました。

一回のイベントで売り上げがなんと!!






「○○○○○○円」!

ね!ここまで売れるんです。








しかも、写真を買って下さった方からは、

「イイ写真ありがとうございます!」と

感謝のお手紙がたくさん!










その感謝の手紙を読んで思うのです。


ある方から頂いた手紙ですが
↓↓↓

「私には、あそこまでの写真を撮る機材も、腕もありません。

本当に綺麗に撮ってくださってありがとうございます」




つまり、この人にとって、カメラマンは
運転代行屋みたいなもんです。


撮影代行したかわりに、

お礼としてお金をもらった

と思えば良いんですね。









写真でお金をもらうことを悪いと思っている人は、まずは、お金をもらっている人たちがどれだけ喜ばれているか??を知ることから始めると良いと思います。







サークルや教室を通じて、稼ぐようになった人がたくさんいます

彼らから、きっと刺激を受けるはずです



一度カメラで稼ぎ始めると、どんどん稼げます。

そのくらいカメラマンは需要があります。






教室・サークルのスケジュールはこちら
↓↓↓

コチラ