写真の上達する人が必ずやっていることは、実は「〇〇」だった!?

上手い写真を撮るためには、何をすればいいのでしょうか?

写真の上達には、以下のような要素があるかと思います。

 

■機材

■カメラの設定

■構図とレンズワーク

■上手い人のを真似て撮る

■上手い人のを真似て編集する

■差を埋める研究をする

 

 


@機材

・適切な機材やレンズを使う。

・望遠レンズで無いと撮れない写真は、標準域レンズでは撮れない

・ただし、カメラは、上級機を買う必要はまったくない

 



@設定

・やりたい表現に応じたカメラの設定を覚える

 



@構図とレンズワーク

・レンズによって生じる効果を知る

・被写体の配置のバランスなどを知る

 

 

@真似る

・上手いと思った写真を真似て、カメラを設定し、構図やレンズワークを行い撮影する。

・Googleの画像検索などで、撮りたい被写体を検索して、プロカメラマンがどう撮るかを研究する。

・スマホなどを使って、真似たい写真を取りこむ。

・脳裏に焼き付くくらい、毎日眺める。

 

 

@編集する

・自分が撮った写真と上手い写真の差を編集作業で埋める

・上手いと思う写真は、ほとんどLightroomなどで編集されています

 

 

@差を埋める研究をする

・上手いと思った写真がストロボなどを使っている場合、ストロボを覚える。

・編集で特殊なエフェクトをかけてたら、そのエフェクトするソフトを探し出す。

・何か特殊な設定などをしてたら、研究して見出す

 

 

 

で、この中で特に重要なものは何か??と聞かれたら、自分が答えるのは「真似る」ことと、真っ先に答えると思います。

 

しかし、真似ることは、意外に、やろうと思っても出来ません。

 

 

なので、おススメする方法は別です。

 

 

では、おススメは何か??というと、

「編集」です。

 

 

というのも、編集をすることで、撮りっぱなしだった自分の写真を、じっくり見直します。

 

 

実は、上達しない人の多くは、自分の写真を見直していない人が多いからです。

 

 

編集をすると

・必然的に、写真を見返す

・拡大などしながら、自分のピントが正確か、ブレが無いかなどじっくり見える

・自分の撮影の癖などが分かってくる

 

ここまでは、普通な感じの効果ですが、さらに

 

・露出補正などしながら、より適切なカメラの設定がわかってくる

・トリミングなどして、より最適な構図が見えてくる

・編集の仕方の参考のために、上手い人の写真を多く見るようになる

 

などなど

 

 

 

なので、写真が上手くなりたかったら、「編集」しましょう。

 

おススメはLightroomです。