写真で、もっと多くの人を喜ばせるために必要なこと

写真を撮って多くの人に喜んでもらうために
『意識を変える』というお話です




「俺って、すげ~写真上手いな~」

「Facebookで写真UPすると、イイねいっぱいもらえるし」







そう思っているあなたに質問します。






「それで、お金になっていますか??」



(お金になっている人は、今回の記事は、あまり意味がありません。
お金になって無い人だけ、先を読み進めてください)







写真をやっている人、特にイイ写真を撮って、FacbookにUPなどしている人は、ご自分の写真に自信があるんだと思います。


その自信は、どこから来ますか??




機材??

テクニック??




多くの場合は、その両方だと思います。




機材も、カメラ本体、レンズ、ストロボなど含めて、10万円20万円はくだらないと思います。
しかも、上達するまでに、どれだけ書籍など買って読み漁ったものか。。。



それに、写真を撮った後の編集時間も、ハンパないと思います。




写真が上手いと自信があるあなたは
カメラに、相当の
お金と時間を費やしてきているんですよね











ですので、もう一度質問しますね。




「それで、お金になっていますか??」






相当なお金と時間を費やしてきているだけに
いくぶんか、お金になっていれば、なんか、救われるもんですよね。












でも、ほとんどのカメラマンさんは、お金になっていないのではないでしょうか??





で、お金になっていない人たちは、自分でこう言い聞かせてるんです。





(写真の後に続く)






「趣味でやっているわけだしさ、 
誰かに喜んでもらえればイイやね、、、」と




自分に、そう言い聞かせて、本心を押し殺して納得しようと頑張ってるんですよね。










本心を表に出すと、悪い人になるんじゃないか?と
心配しなくても良いですよ。


多くのカメラマンさんは、趣味とはいえ、
本心では、稼ぎたい!と思っている人がほとんどです。








で、本心を隠している人たちは、私に、こう言ってくるのです

「先生、私は、誰かに喜んでもらえるから、それでイイんです」と。






それはそれで良いのですが


お金をもらって喜んでもらえる
カメラマンになることが
一番良くありませんか??








「お金お金って、なんか、金の亡者みたいじゃないですか??」と
さらに、あなたは私に対して反論するかと思います。


でも、待ってください。冷静に考えてみてくださいね。














まず、前提として
あなたが、それだけの写真を撮れるようになるまでに




・相当のお金と時間費やしてきてるんじゃないですか??



それを無料で提供してるということは

・あなたの写真には、価値は無いんですか??










それに



あなたが、もっと上手くなれれば、
もっと多くの人が喜びませんか?




これからもカメラ機材やテクニック習得のために
あなた自身に、さらにお金をかけられるように
写真で稼いだ方が、みんなのためになりませんか??と











そうです


=======


写真で稼ぐことで

より多くの人を

喜ばせられる可能性が

増えるのです


=======














あなたが今感じたこと、わかりますよ。



知り合いに、いきなり、「写真撮るから、お金くれ!」とは言えない、と。

そんな当たり前です。


自分だって、言えませんし、、、










~~~~~~~~~~~


だから、写真が売れるようになるための、仕組みをつくるんです。


写真をお金にするなんて、簡単です。



しかも、多くの方が喜びます。


~~~~~~~~~~~







まあ、そのことをお伝えする前に、まずは、あなたには必要なことがあります。





あなたの意識のチェンジです。








もしあなたが、




「趣味でやっているわけだしさ、 
誰かに喜んでもらえればイイやね、、、」





そうやって、無意識に、自分の本心を押し殺しているのなら

ここに来て、自分で自分にかけている自己催眠から覚めてください~☆








サークルや教室を通じて、稼ぐようになった人がたくさんいます

彼らから、きっと刺激を受けるはずです



一度カメラで稼ぎ始めると、どんどん稼げます。

そのくらいカメラマンは需要があります。






教室・サークルのスケジュールはこちら
↓↓↓

コチラ