ストロボのアンブレラやソフトボックスなどおすすめ機材

クリップオンストロボのスタジオライティングにチャレンジしたい方に、おススメの機材の紹介です。

 

1セットでも、いろいろな表現が可能です。

 

小さなクリップオンストロボで、本格的なポートレートライティングが可能になりました。

クリップオンを使うメリットは、コンパクトだけではなく、それに伴い、周辺機器も安く揃えやすいこと。

まずは、1灯分を買い揃えてみてはいかがでしょうか?

 

 

ストロボ本体

ストロボは、Amazonでなら、3000円程度で買えちゃいます。

どれにするか悩んで何も進まないよりは、まずは1灯買って、どんどん練習しちゃうことをおススメします。

(画像クリックで、商品ページに飛びます)

 

 

オフシューにするために、これ!

「オフシューにするのに、何があればいいんだ~???」

「お金かかりそう~」

そんなお悩みに、救世主のような製品があります!

 

格安で手に入る、ラジオスレーブです。

 

これがあれば、もう、オフシュー環境が整います。こちらも3000円台。

(画像クリックで、商品ページに飛びます)

 

ちなみに、Nikon用やCanon用など出てますが、どっちでも問題無く使えます。

在庫があるもの、安いものを買うことをおススメ致します。

 

また、最近分かったのですが、SONYの独自のストロボマウント(細かい配線がむき出しのタイプのやつ)では使えませんので、ご注意くださいませ。

 

 

 

最初は、この程度揃えたい

・ストロボ

・ラジオスレーブ

・スタンド

・ブラケット(スタンドにストロボを固定するもの)

・ピゴット(スタンドとブラケットをつなぐ際に必要)

・アンブレラ

・下の写真に無いですが、ソフトボックス

※それぞれ全部の商品の詳細を、この記事でご紹介しております

 

上の写真に、ソフトボックスを足すと、簡単に、これらの表現が可能になります。

 

 

 

ソフトボックスが良いの?アンブレラが良いの?

 

良く、質問で聞かれます。

答えとしては、「両方買っちゃうと良いです!」です。

 

勘違いしてはいけないのは

「ソフトボックス≠ソフトな光になる」

 

ソフトボックスの光は、決して柔らかくありません。

でも、このソフトボックスによって出来る表現があります。

 

 

アンブレラとソフトボックスでは、こんな感じに違いがあります。

 

<左はアンブレラで、右はソフトボックス>

※背景に光を行かせたくない場合、ソフトボックスの方がコントロールしやすいです。

 

ソフトボックスで背景を離すと、白バックが、あら不思議!

 

 

◆ソフトボックス

バストアップなら、取り回ししやすいのは、60サイズ

全身も60サイズで出来ます。

(ソフトボックス Sタイプスピードライト/フラッシュブラケットマウント付き)

 

60㎝サイズ

もちろん、小さい方が、取り回ししやすいです。

上半身などの撮影なら、60で充分です。

 

下記のタイプは、光の指向性を高めるグリッドが一緒に付いてくる(外せます)タイプでお得です。構造も、グリッドを付けやすい構造になっているので、他のソフトボックスよりも、これを選んだ方が良いでしょう。

このソフトボックスをおススメする理由は、取り回しの楽さです。

動画で説明しております。

 

 

 

アンブレラ

アンブレラは人物撮影で使うなら100㎝くらいのものがおススメです。

 

 

◆アンブレラ

アンブレラ 110cm(43インチ) 黒/白

 

 

 

◆透過タイプのアンブレラは、

ダブルアンブレラの時に使ったものです。

43インチ(110cm)

 

 

 

実際に設置の仕方などを見て学びたい人は、こちらがおススメ

 

 

※お急ぎの方は、オンライン講座でも学べます(NEW)

 

スタンドと、取り付け器具など

 

 

◆ブラケット、その①

 

ソフトボックスにクリップオンストロボを取り付ける部品です。

 

実はこれでアンブレラを取り付けることも可能。

しかも、穴が2つあるのでダブルアンブレラにも出来ます

 

当然なければSOFTBOXは使えません。

(ただし、上に記載したSOFTBOXを購入した時に、付属でついてくる時もあります。まず、SOFTBOXを買って、付いてこなかったら、後で注文すると良いと思います)

 

Godox S-type Bracket Bowens S Mount Holder

 

 

 

TOKISTARピゴット

上のブラケット①=Bowens S Mount Holderを使う場合に、必要になるもの。

スタンドと、ブラケットをつなぐのに、必要です。

ヨドバシで買っても同値です

 

 

 

Bowens S Mount Holderを三脚に取り付けるには、これを!

講座でも何名かから

「三脚をライトスタンドにしたい」と言われました。

 

もし、三脚を使う場合は、こちらを間にかませると良いかと思います。

実際に購入して試しました。

 

 

 

 

◆もう一種類のブラケット②

 

アンブレラ専用のブラケットです。小型で、持ち運びしやすい点がメリット。

 

アンブレラだけで使っていくなら、これがあれば、ピゴットも、ブラケットも必要なし。

しかも小さいので、いつでも持ち歩けます。

穴が2つあるのでダブルアンブレラに出来ます。

 

ただし弱点があります。

・ソフトボックスは使えません

・ストロボ設置部分の金具がちょっと頼りない

 

ただ、もし、ブラケットその①と、ピゴットがあるなら、これは必要ありません。

 

画像にリンクが埋め込めないので、こちら

ちょっと固定に不安があるので、しっかり固定されてることを確認して使ってください。

 

100000001001371528_10204

一応、ちゃんとダブル傘が出来るので、こんな写真を撮るのは楽ちんなのですが、、、

 

 

◆おすすめスタンド

 

コンパクトで持ち歩きしやすいのでおススメスタンド。

中身は、銀一のスタンドで結構しっかりして、安めです。

ヨドバシでも、普通に買えます。

TOKISTAR ライトスタンド モビスタンド TS-095-ST

 

 

 

レフ板や背景などを補助的に使う

 

【レフ板など】

 

 

手持ちで使うには、ハンドルが付いているレフ板が使いやすいです。

1灯ストロボの際は、これが、表現の幅を広げてくれます。

50㎝と80㎝と100cmがありますが、ポートレートで取り回ししやすいのは80㎝

レフ板KING製

 

 

 

【背景】

 

上半身だけでOKなら、これがものすごく便利!

リバーシブルなので、

「あ、黒バックしたい」と思ったら、瞬時にチェンジできます。

 

もちろん、模造紙を使うのもOKです。一番安いのは、模造紙だと思います。

 

これも、画像にリンクが埋め込めないので、こちらより

 

100000001002848594_10204_001

 

1灯は超簡単!!ですが、限界もあります

 

本当に簡単な1灯ライティングですが、限界もあります。

 

例えば、こんな表現は1灯では難しいです。

 

そんな時は多灯になります。

 

 

 

 

多灯で、どうやって各ストロボのバランスを調整するのか?

クリップオンなら、簡単に出来るのですが、そのコツがわからないと、なかなか前に進めません。

 

そんなお悩みを解決できる講座もございます。