ダンス撮影講習会ご参加のみなさんのお写真です

「他人のふり見て、我がふり直す」と言いますが
外のカメラマンの写真を見ることは、とても参考になります


4月18日のダンス撮影講習会で、ご参加されました皆さんのお写真を、こちらに掲載させて頂きます。


他の方が撮った写真を見ると、とても参考になるかと思います。


とりあえず、匿名、及び、順不同でご紹介します。


ちょっと気になったところだけ、コメント入れてます。
練習を重ねれば上手くなりますので、初回では、あまりコメントしません。




カメラマンA

人物の表情をよく見てると思います。

ポートレートが上手なカメラマンなので、私のようなご高齢カメラマンも、綺麗に写してくれる感じが良かったです(←あくまでも個人的感想です。。。)








カメラマンB

斜め構図はどうですか??とのことでしたが、むしろ、他のカメラマンの写真と比較してみてどうですか??











カメラマンC

立って撮ってる時、座って撮ってる時の、ダンサーのスタイルの差が大きく見えますよね。

写真のアスペクト(3:2)は、変えないで、その画角で勝負するという意識で行った方が良いと思います。







カメラマンD

たぶん、2枚目の写真は、手にピントが行ってるような、、、

AFポイントをしっかり人物に合わせることが必要ですが、これは練習あるのみです。













カメラマンE

色合いがカッコ良いですね。
表情も良く見てると思います。

もっと、トリミングを利用しちゃって良いですよ~

2枚目の髪が動いている写真は、人物が大きめに見えると喜ばれると思います。











カメラマンF

確か親指AFが無い機種です。

とはいえ、この後継機は親指AFを復活させているので、やはり、このメーカーも「必要」だと感じたのでしょうね。

とても表情が良いと思います。










次回、5月2日も、
ダンス撮影講習会【基礎】をやります!


もう少し、踊りを撮る時間を増やしたいと思ってます。


ここをきっかけに、実際に、プロの現場を経験したり、実際にプロとしてカメラで仕事をしているカメラマンさんもおります!


まずは、第一歩を踏み出しませんか??


ダンスだけでなく、
動きを伴う、人物・ペットのイベントごとに応用が効き、撮影ジャンルが一気に広がります!!

↓↓↓

ダンス講習会などの予定はこちら
こちら