ダンス撮影で重要なこととは?

ダンス撮影で、見落としがちなことがあります
講習会参加者様だけに、こっそりお伝えします☆





私の主催する~『ダンス撮影講習会』では、動く被写体を撮る基本的なことをしっかりお伝えします。

正直言って、動く被写体を撮ること自体は、ダンス撮影講習会【基礎】を通じて、すぐに出来るようになります。

これだけで、運動会でも、音楽発表会でも、お遊戯会でも応用出来ます。


ほぼ、一眼カメラが持つ能力を最大限に利用すれば、簡単に撮ることが出来るんですよね。





また、基礎でお伝えする内容には、ダンス撮影の販売などを長年してきた上で知りえた、「こんな写真が喜ばれる」ということもお伝えします。

多くのカメラマンさんが、撮ることだけに必死になっていることと思いますが、もっと気を遣わなければいけないポイントがあることを、ココだけの秘密としてお伝えします。






過去に参加された方々には、

「その後の、お子さんのお遊戯会で、ものすごくキレイに撮れました!」

「写真を撮ったダンサーさんから声をかけられて、撮るチャンスが増えた!」

「お金をいただきました!」

「プロの世界に入りました!」


とのお声も頂いております。



また、実際に、私が現場に入る時に一緒に同行していただき、現場での撮影体験や、実際にお金を稼ぐことなども体験できるチャンスなどもご用意しております。






ぜひ、ご興味ある方、ステップアップを図りたい方
人に喜ばれる写真を撮りたい方
お金を稼げるようになってみたい方

チェックしてみてくださいね。

直近では、4月18日、5月2日の2回開催致します!

↓↓↓

こちらです!