ダンス写真は撮るな!

写真を撮られるダンサーさんの声に耳を傾けてください。


Facebookのタイムラインを眺めていると、ダンス写真など、撮れたことだけでカメラマンさんが、自己満足でUPしている写真を多く目にします。



その多くが、ダンサーさんが美しく見えないので、本当に残念に思います。



もちろん、私も1カメラマンとして、カメラマンさんの立場は、わからないわけではありません。


ダンス写真を撮るためには、カメラマンの高い技術と運動神経、それと、カメラ自身に高いスペックが必要です。

 


特に、照明の暗いクラブなどでの撮影は、難易度がハンパないですよね。


だから、あなたにとっては、その写真は、「やっと撮れたもの」なんですよね?


「やっと撮れたんだから」、あなたは公表したいんですよね??



 




でも、自己満足だけの写真に対して、ダンサーさん達が、どう思うのかを、ご存知でしょうか?



自分は、知らない人が多いので、改めて言いますが、もともとダンサーです。15年前くらいは、コンテストなどに出場して入賞などしてたダンサーでした(その後すぐに引退したんだけどね;泣)


なので、ダンサーの視点がわかります。気持ちがわかります。




もし、自分が写っている写真について
目つぶりや、少しでも変な表情をしているのなら、本音を言えば、絶対に出して欲しくないと思います。


※厳しい状況で撮った時、カメラマンは、ダンサーさんの表情のチェックを見落としがちです。


写真に無頓着な男性の1人である自分がそう思うのですから、写真に関心の高い女性ダンサーは、もっと気にしています。


実際に、「もしあのカメラマン知ってるなら、写真削除するように言って~」と、お願いされて、カメラマンやイベントの主催者に対応をお願いしたことも、過去に多々ありました。



ただ、もし、あなたがこのようなダンサーさんの声を知らなかったとしたら、それはこういうことです。
↓↓↓
誰かが、「せっかく撮ってくれて申し訳ない」と気を使って、あなたの耳には届かないようにしてたんです。



★ちなみに、Facebookの「いいね」は、あいさつ程度のものと知っておく必要があります。
そこには、写真の評価など存在しませんから、注意しましょう~。





ブログやFacebookにUPする前に、今一度、ダンサーさんの表情がおかしくないか?をしっかり確認しましょうね。



ーーーーーーーーーーーーーー

ご指摘いただきましたので、補足です
いろいろとありがとうございます。


もし掲載後に、削除依頼があった場合は、速やかに消しましょうね☆
もちろん私も過去にさかのぼって対応致します。


ダンサーさんも、写真掲載NGの方は、当日、そのカメラマンさんに、その旨お伝えする方法もあります。
いつでもお気軽にお声をがけください。



削除依頼して、カメラマンさんに逆ギレされることもあるというのをお聞きすることもあります。
その時は、私が協力してそのカメラマンを説得しますのでご相談ください。



「踊るカメラマンチーム」は受注形態によって、ブログ掲載しながら販促活動をさせていただいております(無料撮影~希望者が購入のスタイル際など)。
ですが、掲載NGがありましたら、もちろん、即座に掲載取り下げますので、お気軽にお声をかけてください。




 





自分は、多くのダンサーさんからの直接の写真に対する意見やアドバイスを頂戴したり、実際に何千万枚もの写真販売などをしてきた経験で、どんな写真が喜ばれるかを研究&追求してきました。
また、プロカメラマン事務所にも所属して、第一線の数々のカメラマンをライバルにして生き抜いてきました。

この研究&追求を続け、また、戦いぬいてきたすえに、早い段階から、しっかりとしたダンスカメラマンを育てる必要性・重要性を感じ、結成したのが、「踊るカメラマンチーム」です。



踊るカメラマンチームに所属するメンバーは、私が主催する講習会や、現場同行などに参加して、

1、ダンス撮影のための基礎から、実際にダンサーを撮影することからスタート

2、どんな写真がダンサーさんに喜んでもらえれるか?を徹底的に覚える

3、現場などを経て、実践の場で、2で覚えた写真を撮れるようにする

というコースをたどり、「喜ばれるダンス写真の撮り方」を身につけています。


※上の2を知るだけで、がらりと写真が変わるので、ビックリしますよ!

※それまで趣味でやってたカメラマンさんを、どんどんプロの世界にも送りこんでる、実績も多々あります。




もちろん、追求心などが無いカメラマンは、入ることができませんし、一度は一緒に撮影に行っても、次から外すこともあります。




とにかくダンサーさんを美しく残したいというハートが大事なので、カメラマンの主張を優先するカメラマンさんや、言い訳がましいカメラマンさん、技術向上を目指さないカメラマンさんには、どんどん外れてもらってます。




そのようにして、フルイにかけながら、常に「踊るカメラマンチーム」内では、生き残り競争をしています。



===================
いわゆるサバイバルの中で、カメラマンさん同士で切磋琢磨しているのです。
それが「踊るカメラマンチーム」です
===================





このチーム結成して数年、ようやく、踊るカメラマンチームは
多くのダンサーさんに支持して頂くようになりました。

今では、多くのイベント主催者様から、リピートのご依頼を頂いております。




こうした活動を続けてきて
私の元には、写真をご購入頂いた方からお便りを頂くようになりました。


●ベテランダンサーさんから

「踊るカメラマンチームに撮って頂いたお写真がとても綺麗に撮れてて、いったんはやめようと思ってた踊りに対して、またモチベーションがあがるようになりました。毎日写真を持ち歩いてます」




●ダンススクールなど運営方から

「踊るカメラマンチームに撮ってもらった写真を広告に載せたら、ダンス教室の入学希望者が一気に増えました」



お礼の言葉は、本当にうれしいものです。





「踊るカメラマンチーム」はこれからも、常にダンサーを輝かせる写真を撮ることを追求したいと思っております。

また、こうした追求によって、ダンスそのものが美しいものとして、日本中に広く知れわたることも願っております。

「踊るカメラマンチーム」の写真を目にした方が、ダンスに憧れを抱いたり、ダンスを学びたいと思うようになる。
ダンス界が活性化するために、微力ながらも、お役に立てれば嬉しいですよね。





ここまで読んでくれたカメラマンさんは
きっと、ダンスを美しく撮りたいと願っているのですよね?

ですので、改めて、あなたには伝えたいのです。



◆特に知識なくダンス写真を撮っているあなた

◆がむしゃらにガンガン撮っているあなた

◆とにかく頑張りたいあなた




もし、あなたが、ダンサーを美しく撮りたいと思っているなら
一緒に学びませんか?
一緒に活動しませんか?



あなたが喜ばれるカメラマンになれるように
チーム一丸となってあなたを育てますから。



と、言いながら、ちょっと講習会は先なんですよね、、、泣
なんとかしないとなんですけど、、、汗
↓↓↓
講習会・サークルについては、コチラ





講習会受けたことのある方、現場にも行きましょうね~
↓↓↓
現場同行についてはコチラ





★今回、掲載した写真は、踊るカメラマンチームが撮影したものです。私が撮ったものではありません。

Yummy Vo.7のお写真掲載、今月いっぱいで終了しますので、ご確認くださいね
↓↓↓
コチラ