ストロボを設置するのに、三脚をスタンドの代用に出来るか?

三脚をライトスタンド代わりに使っていく際に忘れてはならない器具についてお知らせ致します。

三脚をライトスタンドの代わりにする方法

 

ポートレートライティング講座では、こちらのページに載せている機材を実際に使用して、みなさんに実践撮影して頂いております。

↓↓↓

機材リスト

 

 

 

フルセットで揃えても、決して高い金額にはならないのですが、それでも、少しでも安く済ましたいというのが、人の常。

 

「家に眠っている三脚があるので、それをライトスタンドに出来ますか?」

そんなご質問を、何名かの方に頂きました。

 

 

課題は、ブラケットの取り付け方法

◆手軽にガッチリとストロボを取り付けることが出来る

◆Amazonを活用して様々な安いディフューザーを活用出来る

 

そんな安心と安さを求める方にお勧めなブラケットがこちら。

Godox S-type Bracket Bowens S Mount Holder

 

 

ですが、これ単体では、ライトスタンドと接合することが出来ません。

そこで、こちらが必要となります。「ピゴット(ダボとも言う)」。

 

 

こちらをかまして、スタンドにブラケットを取り付けることが可能になります。

 

 

三脚にブラケットはそのまま付けられません!

 

ご紹介した、ブラケットですが、そのままでは三脚には取り付けることが出来ません。

 

三脚の頭は、カメラを取り付けることができるように、こんな感じなっております。

 

このネジを使ってブラケットを取り付ける必要があるんですね。

 

 

そんなわけで、講座の後に急いで調べました。

また、ただ調べるだけでは、本当に使えるか?という不安が拭えないので、買って試しました。

 

 

実際に購入して試してOKだったのはこちら

画像クリックで、Amazonページに飛びます!

 

こちらをブラケットのしたの穴の部分に埋め込んで使えば良いわけです。

 

実際に取り寄せで、三脚の上に取り付けられることも確認致しました。

これで、三脚をライトスタンドとして活用できますね!

 

 

まずは、買えるものから、1つずつ揃えていくでもOKですね!

↓↓↓

機材リスト