クリップオンストロボ1灯の応用で料理を撮る





クリップオン1灯写真のバリエーション
料理写真も簡単に撮れます



2月14日のフォトファンでは、ストロボをカメラから離して撮る、いわゆる「オフシュー」(カメラの上に付いてるのが「シュー」と言うので、離す=オフを足して、「オフシュー」)状態で人物を撮りました。



オフシューは、良く使います。


ちょっと使えるネタをひとつ。
料理系の撮影方法への応用です。





最近のフード写真は、このようなセットを組んでる方が多いと思います。
↓↓↓



1)奥に傘バンでライトを設置、
2)その奥から手前にディフューザーを設置、
3)被写体、
4)逆光になるので反射させるためのレフ板を設置。





奥は、クリップオンでやってます。カメラとはコードでつないでます。
↓↓↓






このセットで撮ると、、、、、
こんな感じに光って、、、




こんな感じに撮れます。

光のパワーの問題で、ISO400、SS=1/125、F値は5.6でした。
けっこうブツ撮り、料理撮影では、ボケてしまうので、F値は、なるべく絞った方が良いです。




もうちょっと補足。


「スタンド買うのは大変だよ~」

とか

「シーツとか、トレペとか買いに行けないよ~」

とか口にする、グータラカメラマンさんには、その解決策も!


後ろのストロボを、斜め上方に壁バウンスさせるだけでも、同じような効果が得られます。





ストロボ自体無いし、何もない!

そんなあなたでもキレイに撮る方法があります。
同じように光の環境を使えば撮れます。
窓際に料理を置いて、半逆光の状態を作れば良いんです。







以下でご紹介するDVD内でも、自然光で料理をキレイに撮る方法をご紹介してますよ~

↓↓↓

思い通りの写真表現は出来ていますか?

マニュアル撮影モードは難しいとお感じですか?


初心者からでも、簡単に短時間で身に付き

あらゆる写真表現が可能になる魔法のようなDVD。

「こんな教材が欲しい!」を、カタチにしました






「成功デジタル一眼」

写真が絶対うまくなる方法



↓↓↓

もっと詳しく見る