ただこうするだけで、撮影依頼が増える!?

TVのCMって、凄いですよね!!

人を惹きつける表現が満載です。

 

例えば

 

===

「タウリン2000mg配合!!」

===

 

これな。

 

よくよく考えると、たった「2g」じゃんね。

 

 

 

単位を変えて表現することで、もの凄く大量に配合されていると、脳に記憶されるんですよね。

 

今回は、その「CMのトリックを利用して、カメラマンの価値を高めよう」って話。

 

 

 


例えば、こんな方法。

ウソの無い範囲で、簡単に価値を高める方法です。

 

 

 

自分は、以前、

「年に1000人のダンサーを撮影」

このように、プロフィールに書いてました。

 

0018

 

こう書くと、そうとう撮影しているように見えますが、実は大きいダンスイベントを3回撮影すると、出演者の総合計が1000人超えるんですよね。

でも、そういう内訳をご存知でない方は、「おお!すごいですね」と言ってくれるわけなんです。

 

 

で、実際にブログ宛てに、ダンス教室からも、撮影依頼をたくさん頂きました。

 

 

 

 

 

あなたも、こういう手法を使えるもの、ありませんか?

 

 

 

 


例えば、スクールフォトを撮っている方なら、こんなことが出来ます。

 

 

◆「1年間に2校の学校の運動会を撮っているカメラマンです」

↓↓↓

◆「1年に1000人以上のスクールフォトを撮影してます!」

 

0003

 

 

これ、こんなカラクリです。

 

 

===

運動会撮影なら、1年生から6年生まで勢ぞろいしますよね。

1クラスが少なくても30人。

1学年が3~4クラス

ざっと、1校の運動会で540人以上という計算。

んで、2校やれば、ざっと撮影対象は1000人超えるわけです。

===

 


2校程度の撮影なら、手にするチャンスは多くのカメラマンさんにはあるかと思います。。

 


1年に2校じゃ、決して多い感じませんが。

1000人以上というと、なんかすごく感じませんか?


嘘はまったく言っていません。

ただ、見せ方を変えただけです。

 

 


この見せ方を知ってる、知らない、というだけで、運命が変わります。

 

A=「1年間に2校の学校の運動会を撮っているカメラマンです」

B=「1年に1000人以上のスクールフォトを撮影してます!」

 

Bの書き方をするだけで、あなたの元にも、依頼のメールが届く可能性が高くなるのです。

 

 

0020

 


えっ!?

「メールが来ても、実践経験が少ないから、撮影依頼が恐いです~」って!?

 

 

まあ、その気持ち、わかります。

思ったのと、違うジャンルの撮影依頼が来たりもしますしね。

 

 

まだ駆け出しの頃は、そこで断ったら、「仕事にありつけません」。

 

 

だから、自分は、実践講座をやって、カメラマンさんの恐怖を取り除くようにしてるんですよ~

 

 

PhotoFan実践講座

↓↓↓

スケジュール

0018