カメラマンになるには?会社員や主婦でもプロカメラマンになれるの?

子供の学校行事の写真を見て、「私の方が上手く撮れるんじゃない?」と、そう思ったらプロカメラマンを目指すチャンスです!

 

自分がやった方が良いと思った時が吉日

 

プロカメラマンの写真を見て

「私の方が上手く撮れると思う、、、」

そう思ったら、悶々とした気持ちを抱えたまま過ごすよりも、思い切ってプロを目指してみませんか??

きっとその方が、世の中のためになります。
また、あなたの悶々とした気持ちも一気に晴らすことが出来ます。

 

会社員だけど、出来るの?

 

「会社員なのに、プロカメラマンだなんて、無理だよ~」

そう思うかもしれませんが、実は、週末だけプロカメラマンをやっている人は多いです。

会社員でも、主婦でも、自分の都合に合わせて撮影の仕事をすることが出来るのです。

 

プロになるために多くの方が誤解してることが多いのですが

・カメラ歴は関係ありません

・カメラはフルサイズ機である必要はありません

・年齢も関係ありません

・男女関係ありません

・他の職業をやっていても出来ます

・自分の都合優先で出来ます

 

どうすればなれる?


カメラマンだけで食べていくのはキビシイと言われる時代だけに、会社員や主婦をやりながら、空いた時間だけでカメラで収入を得られるというのは、とても魅力的だと思います。

また、最初は兼業でカメラマン業をやりながら、徐々にカメラマン業を専業化させていくことも可能です。

とはいえ、プロカメラマンの世界は、そこに足を踏み入れていない方にとっては、どんな世界か想像すら出来ないはずです。

 

ですので、こんなお悩みも生じるはず。


◆どうやればプロになれるのか?

◆どんな仕事があるのか?

◆どんな採用基準があるのか?

◆機材は何が必要なのか?

◆自分の腕前でプロになれるのか?

などなど、、、


そこで、PhotoFanでは、実際にカメラマンを多く採用しているカメラマン事務所の方に来てもらって、プロになりたいと思った方のお悩みを解決してもらうセミナーを開催します。

 

<↓ 前回の様子>

2018年4月8日@浅草(午後)で開催します!

「チャレンジしたいけど、どうしたら良いのかわからない」

と悶々とお悩みの方、ぜひ、お越しくださいませ。

 

みなさんのチカラで、世の中の写真のレベルを引き上げて、写真の文化を向上させることや、カメラマンの地位の引き上げに
貢献が出来たら幸いです。