カメラマンとして稼ぐためのヒント

今回は、カメラマンで稼ぎたいと思っている方に
参考になればと思ったサイトや名言をお伝えします



写真教室などを開催した際に、参加者に書いていただくアンケート用紙を眺めると、「カメラで稼ぎたい」と願っている方が非常に多いです。


完全な職業カメラマンとしてだけでなく、ちょっとした副業でも良いので稼ぎたいと。



そんな、「カメラで稼ぐ」こと、考える場合に、知っておきたい事柄をご紹介します。



1)どのジャンルの写真を撮るか?

写真で稼ぐと言っても、そのジャンルは非常に多くあります。


私の師匠である、タクマクニヒロ氏のブログに、カメラのジャンルについて書いてあるので、それをご紹介いたします。
↓↓↓
コチラ


どうですか??

非常に多くのジャンルがありますよね?

これ以外にも、もっともっとあります。



また、カメラマンをやったことが無い方は知らないかもしれませんが、どれか1つに固執する必要もありません。


もっと言ってしまえば、専業カメラマンに固執する必要もありません

ブライダルや運動会、スポーツイベントカメラマンなら、土日の撮影が多いので、会社員をしながら、カメラマンの道を模索することができます(会社の就業規則に、副業禁止が書かれている場合は、おススメできませんけど、、、)。






2)稼げるのは、「好きなこと」ではなく、、、

「好きを仕事に」と、多くの方が提唱しているので、好きなことを追求すれば稼げるようになると考えがちですが、最近、そうとも言い切れないというのを知りました。


私も、最近知って目からウロコだったのですが、、、
↓↓↓
好きなことよりも、「得意なこと」だそうです。




カメラをやってて、こんなこと、ありませんか??
↓↓↓
自分は花を撮るのが好きと思って、たくさん写真を撮ってる。
FacebookやmixiにもUPしているが、周りの人の反応はイマイチ。

でも、時々行く動物園で撮った写真をUPすると、やたら褒められる。



写真に限らず、他の方から「価値がある」と認めていただけない限りは、お金を得るのは難しいことですからね。



でも、ここで、あなたにも迷いが生じるはず。
好きでないのに、続ける情熱なんて生まれない。だったら、お金なんて稼がなくてイイ~、、、と。

しかも、「価値ってなんだよ~」とか叫んだりして。




ちょっと待って~。そういう人も居ると思います。

そこで悩んだ方には、かさこさんのブログが刺さるはず。
↓↓↓
コチラ



好きって、自分だけが喜ぶことです。

他人を喜ばすことで、他人はお金を払おうとします。

稼げてる人は、この2つを、うまく融合できる地点を見つけ出しているんだと思います。





※ちなみに、自分は、「AKIRAくんは、セミナー撮るの上手だね!」と言われて、セミナー撮影をバンバン受けるようにしてます。





3) 1円でも、稼ぐ経験をしてみる

プロカメラマンに強い憧れをもっていると、「写真を売るなんて、恐れ多いです、、、」と言ってしまいがちでしょうけど、そんなに重く考える必要ありません。



とにかく写真を売ってみてはいかがでしょうか?

売る方法は簡単です!!→売る仕組みを作ることにつきます。



あなたが写真を勉強すれば勉強するほど、こんな単純な方法を忘れてしまうのかもしれません。






27日に開催する、ダンス撮影講習会でも、売る仕組みについて、1つの事例をご紹介します


売れる客層の見分け方や、売ることの罪悪感の乗り越え方なんかも教えます。
デジタルでの販売をすることは簡単ですが、その前に、アナログ的に知っておく必要があります。




実際に、踊るカメラマンチームで撮影してくれてる佐藤君も、この方法を実践し、すぐに自力で稼げたと報告を受けました。


あ、とはいえ、残席が、、、、、、汗

27日のダンス撮影講習会は
↓↓↓
こちら





=========================


思い通りの写真表現は出来ていますか?

マニュアル撮影モードは難しいとお感じですか?


初心者からでも、簡単に短時間で身に付き

あらゆる写真表現が可能になる魔法のようなDVD。

「こんな教材が欲しい!」を、カタチにしました



※ダンス撮影講習会ご参加ご希望の方には

100%身につけておいていただきたい内容です。

(マニュアル撮影モードがわかってるという前提で講習会は行います)