イルミネーションを撮る前に、あなたのカメラのボケ量を調べよう

クリスマスに向けて、イルミネーションが目立つようになりましたね。
せっかくの一眼カメラなので、綺麗に撮りたいですよね。


イルミネーションを綺麗に撮る秘訣は

◆明るいレンズ
◆高級カメラ

では、ありません。


もちろん、それらがあると、「より綺麗に撮れる」ことは間違いありません。



ですが、まずは、カメラの特性を活かした撮影方法を活用するだけで、ビックリするくらいにキレイに撮れるようになります。






マイクロフォーサーズ、LUMIX GM5と、キットレンズで撮ってみました。

F5.0、SS1/50、ISO1600
↓↓↓

12107723_10208413828689727_5437681980522505319_n



 




イルミネーション撮った時

「なんだかな~、、、」という写真にしかならない時、利用したいテクニックがあります。



それは、

ボケ
です



おそらく、みなさん、ボケを使わずに撮ると、こんな感じでしょうね
↓↓↓

12250141_10208413829089737_757181487116359713_n



そもそも、マイクロフォーサーズ以上のカメラは、センサーの特性で、簡単にボケます。

キットレンズでも、
「きっとボケます」


ボケを使うことによって、
ピントが合うと点で写ってしまう、
LED電球の光が、大きく写ります。




なので、最初、どう撮って良いか悩んだら、こうしてはどうでしょうか??

1)カメラのAFのスイッチを切って
 ピントが合うのを止めてしまいます

2)ズームレンズを、望遠側にズーム

3)カメラを、イルミネーションに向ける

4)ピント調整のダイヤルをグルグル回し、ワザとボカす。





そうするだけで、こんな感じに出来ます。



遠くにあるLED電球がボケると、こんな感じ
↓↓↓
12301567_10208413829329743_1480584999998723801_n


近くにあるLED電球がボケると、こんな感じ
↓↓↓

12274223_10208413829689752_7466700344952613672_n

 


どうですか??



LED電球が、ボケて、良い感じに撮れますよね??


これだけで、イルミネーション撮影のバリエーションが盛りだくさんになること、うけあい!
ぜひ、試してみてくださいね。




え?
上手く出来ない?



そういう方は、11月29日の教室に来てくださいね。


11/29夜は、カメラ・レンズのAF動作を切らずにも出来る方法から、人物も一緒にいれて、明るくキレイに撮る方法までお伝えします~☆

 

 

 

 

===================


(六本木エリア)
夜景・イルミネーションポートレート


================