なぜ、高くてもメーカー純正レンズを買うのが良いのかが、わかります!

昨日の夕方は、新橋で開催されました、坂本貴男先生の「eBay」セミナーに参加しました。

 
長くカメラをやられている方なら、一度くらいは、ご自分のカメラやレンズを、中古で売りに出された経験があるかもしれません。

 
私も、今使っているカメラ・レンズに行きつくまで、中古販売を繰り返して来た過去がありました。
 
 
そうした中古販売を繰り返して来た中で、「なぜ中古なのに、買った時とほぼ変わらない価格で売れるんだろう??」と、疑問に感じる時が多々。
 
特に
◆純正レンズは、新モデルが出ない限りは、買った時とほぼ同値で売れる
ということ



薄々、中古レンズであっても、それを転売するビジネスがあるんだろうな~程度にしか感じてなかったのですが、知り合いの紹介で参加した当セミナーに出て納得。
 
なるほど、eBayで、こんな売買がなされてるんだー!!とビックリ
日本国内で、ヤフオクを利用すると、さほど高く売れなくても、そもそもカメラの新品自体が日本よりも高く、中古自体も出回ってない海外では、ずいぶんと高値で取引されているものなんです。


こんなビジネスの世界があるんだ!!とびっくりしました。



 
 
 
このセミナーでは、他にも、どんな商品を選べば良いのか?などを、こと細かく教えてくれます。
 
特に、eBayは、海外とのやり取りがメインになるのですが、その時に壁になりうる「英語がわからない」というのを克服するコツなども教えてくれます。これはまさに、目からウロコでした。
 
 
 
そのノウハウも非常にためになったところでしたが、こうしたビジネスの世界が存在し、そこでカメラが、想像を超える価格で売買されていることを知ることが出来るのは、今後、カメラ&レンズを選ぶ際に参考になるものと思いました。





ぜひ、カメラマンの方にも参考になるんじゃないか?と思って、こちらのブログでご紹介させて頂きました。




参加したセミナーはこちらです
↓↓

コチラ
◆初心者向けヤフオク&ebay副業養成セミナー








ビジネス協力グループLSCA(ルスカ) Facebookページ
https://www.facebook.com/businessgrouplsca

イケカツ~池袋朝活会
http://ameblo.jp/ikeka2/