どの編集ソフトを使えば良いのか?

写真の編集をためらっている人の中には

「どの編集ソフトを使うのが良いのかわからない」

という方もいるようです。

 

そこで、参考程度に、自分が使っている編集ソフトの使い分けについてお知らせします。

 

 

使っているのは

・スマホのSnapseed

・Photoshop

・Degital Photo Profeccional(DPP)

・Lightloom

です。

 

 

理由があって、4つを使い分けてます。

 

 

その使いわけですが、まずは、大きくわけて編集枚数です

 

 

◆撮影が数十枚程度

その中から、じっくりと、数枚編集するような場合

あと、HDRや、加工などをかけて人目を惹く写真にしたい時

「Snapseed」

「Photoshop」 

 

 

 

◆数百~千枚など撮って、

大量に編集していくような時

「DPP」

「Lightloom」

 

 

 

で、それぞれの特徴だったり、使い分けはこんな感じ。

 

 

 

◎Snapseedは、出先で、瞬時に編集して、WEBにUPする時に使います

×大量には編集出来ない

こちらで操作方法をご紹介しています→こちら

 

 

 

◎Photoshopは、レイヤーという、画面を重ねてフィルター効果を追加したり、背景を消したりするのに使います。

×本当に必要な時しか使わない。でも、無いと困る

 

 

 

◎DPPは、ピクチャースタイルと呼ばれる、絵作りが優れているため、瞬時に雰囲気を変えられるのが魅力です。

Canonであれば、このソフトさえあれば、充分と思えた時期もありました。

かつては、ピクチャースタイルを30個くらい使い分けていました。

×ソフトが突然落ちるようなことが多い

 ソフトが落ちた時に、作業内容を記憶していない

 

こちらのページの最初の方で解説してます→こちら

 

 

◎Lightroomは、自分のPC内では安定感抜群です。ただ、時々落ちます。

それでも、直前の作業内容が残っているので、大量の写真を編集する時は手放せなくなりました。

×写真のピクチャースタイル(ピクチャーコントロール)がAdobeオリジナルになってしまう

 初めて使う時に、起動のさせ方が複雑でわかりにくい

 

こちらのページの後半で解説しています→こちら

 

 

というわけで、写真編集ソフトのご紹介と

使い分けについて、お知らせさせていただきました。