ただ、写真販売システムを入れても上手くいかない

先日、写真販売システムのご案内をさせて頂きました。

 

さっそく、登録してみたというご意見も頂きましたが

せっかくなので、効果的に使っていくためのノウハウも書いておきましょう。

 

 

===

 

最初に結論を書きますが

システムだけで済ませようというのは、買い手の目線に立ってません。

 

買う側になった時に、自分なら、どうやって写真を見に来るか?などの

買い手の心理を意識する必要があります

 

====

 

 

 

写真販売システムは、そのまま使おうと思っても、思いのほか売れません。

 

 

ここには、人の心理などを少し考えながらの運用が必要になります。

 

 

 

 

写真販売システムの一番の問題点は、写真は、システムに入らない限りは見れないという点。

 

 

【買い手の心理に立ってみましょう】

 

もしあなたが、なんらかしらのイベントに参加したとしましょう。

その時の様子の写真が見れるよ~と連絡を受けて、そのサイトに見に行くとするじゃないですか。

 

でも、システムのパスワードが必要で、まったく見れない、、、

 

ここで、「もういいや」とあきらめてしまう人が出るのは、想像に難くないですよね??

 

 

 

 

また、システムに入まないと、まったく状況がわからないということ自体、

「なんか売りつけられるかも」

そう拒否反応を示してしまう人も出てきます。

 

 

 

 

 

ですので、システムに全面的に頼ってしまうと

下手すると、自分の写真の腕前すら、世の中に示せない!

という自体に陥ってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

それを回避するために、ある程度参考写真を掲示し、

「もっと見たい」と

思わせる入口を用意しておく必要があるのです。

 

 

 

また、昔ながらの写真を販売するための

アナログ的な発想も、忘れてはなりません

 

そうです、あの学校の教室の壁に貼り出されていた、あの写真販売を思い出してみてくださいね。

 

 

 

 

神戸で15日(日曜)の午後の、ダンスの撮影の講習会では

みなさんが忘れてしまっているこの辺りのことも、じっくりお伝えしますね~

 

 

 

 

 

【神戸の講座のお知らせ】

■1月14日・15日神戸でPhotoFan開催


・ストロボ1灯をとことん使いこなそう!
※満席です

 



・動きものの達人になろう!
※残席わずか

 



・ダンス発表会の依頼を受けちゃおう!
※残席わずか