【ご確認用】5/2ダンス撮影講習会ご参加の方に

5月2日開催の
ダンス撮影講習会のお知らせです!


ダンス撮影講習会【基礎】


※基礎と書いてますが、ここまででも
 充分、現場同行できるレベルにします!

==========================
今回開催後、撮影が忙しくなるので、
この先、講座が開催の予定がたってません。

==========================



ダンスをキレイに撮りたい人から
ダンス撮影技術を応用して、人物をイキイキ撮りたい人まで
どうぞ、ご参加ください!


【この講習会で習ったことで応用できるもの】
・ダンス全般
・お遊戯会
・運動会
・卒園式(子供は走り回りますので)
・ライブ
・音楽発表会
などなど、人物にかかわるイベント全般






前回のご参加の方より、こんな感想を頂きました
↓↓↓





<概要>
【日にち】2015年5月2日(土曜日)

【時 間】13:00~15:30

10分前の12:50から入室できます
それより前は準備してるので
待っててくださいね


【開催場所】浅草公会堂(集会室)
所在地:
〒111-0032 東京都台東区浅草1-38-6
(銀座線の浅草駅より徒歩5分)


【費用】3000円(※次回より値上げします)

【人数制限】細かくフォローできるように
15名まで





<参加条件>
・動きもの撮影に適した一眼レフ機、もしくはミラーレス機
 (ご自分のが大丈夫か?わからない場合、お問い合わせください)


・事前にこちらで出す課題に、取り組んで頂ける方

 ■マニュアル撮影モードで進めます

   ・マニュアルモードが分からなくても良いです

   ・SSと、Fと、ISOの数字を変えられるようにしておいてください




 ■親指AFの設定も事前確認お願いします

 
   ・親指AFの設定を、各自お願いします
     やり方はこのページでわかります
     ↓↓↓

    親指AFの設定方法のページ
   




 ■レンズ
 ・キットレンズでもOKです。

 ・焦点距離は標準域のズームレンズでOKです
 ・F値の小さいレンズや、AFの速いレンズがおすすめ
  単焦点は、いまどきは、あまりおススメしません、、、




<内容>

1)マニュアル撮影モードで、動きモノを撮る方法を教えます

2)動きモノの撮影方法について、基礎的な部分を教えます。

3)撮影時に陥りがちなミスなどを事前にチェックする方法など教えます

4)まずは、ここまでの技術で、ダンスを撮ってみます。
1人で踊る踊りは、もう怖くないはずです

5)親指AFがなぜ必要なのか?の解説

6)親指AFでの練習(事前に練習されていると、なお良いです)

7)親指AFで1人ダンス撮ります

8)親指AFで、ペアダンス撮影の応用撮影



※当日内容が多少変わる可能性があります



<特典あります!>
■写真を判断してのことになりますが、現場に同行出来ます!
 現場の経験値UPできますよ!



ダンサーはこの方!
【Mayumi】


学生時代からブラックミュージックが好きでダンスを始める

2007年から1年間キューバへダンス留学し、本場の舞踊家に師事。

日本に帰国後は、自らダンスに励む一方で、ダンスの基本になる体づくりのトレーニング方法を模索する中で、ピラティスを学び、現在、ピラティスインストラクターとして独立。

多くのダンサーのフィジカルトレーナーとして活動を続ける中で、自らもキューバやアフリカンダンスの稽古を続け、2015年よりダンスショーへの出演を始める。



↓↓↓

前回ご参加者から頂いたお写真を使わせて頂きます


 


しっかり身に付けて、すぐにでも実践できるようにすべく
定員は少なめに設定しますので、気になる方は
お早目に、参加のご連絡をお願いします。



お申し込みは、こちら!
↓↓↓

こちら



連絡先:踊るカメラマンAKIRA
080-5518-8585
akishim2001@gmail.com






==========
☆マニュアル撮影モードが簡単に覚えられます

カメラ未経験者が1年でプロになった!?
その驚きの上達法を教えます


パソコン画面を撮影して覚える斬新な学習法
思い通りの写真表現をしている人だけが知っている法則を
短時間で使いこなせるようにします


マニュアル撮影モードもあっという間に身に付きます!

↓↓↓
コチラ